旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
実践論理思考/高橋俊之
2009年10月01日 (木) | 編集 |
実践論理思考/高橋俊之

『論理思考』というと、堅いイメージや、理論で相手を打ち負かす場面が浮かんでくると思いますが、本書は、論理思考を状況に照らし合わせることで、血肉の通った対話の方法にまで言及しているのが面白いところ。

興味深い具体例をあげて話を進めているので、平易で読みやすいです。
(赤字のお店を畳もうとしない父親への説得法や、仕事を減らしてほしいという上司へのお願いなどは面白かったです)

欠点としては後半では似たような話が多いことと、説得などに比べると自己実現に実践論理を使うことの有用性がいまいち感じられなかったことが挙げられます。

それでも一読の価値はかなりあるこの本。
取りあえず、図書館などで借りてさっと読みたいなら、1・3章と5章あたりを見れば本質的なものは掴めると考えます。
(4章のメカニズムの話はちょっと退屈なのでまずは飛ばしても良いと思います…)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する