旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
子どもの成長21(長女編)
2009年09月26日 (土) | 編集 |
なんと前回から3ヶ月以上も開いてしまった子どもの成長話。
(それ以外のエピソードではちょこちょこ紹介してますが)

もうちょっと短くてこまめに更新した方が良いのかな…。
取りあえず長女編です。


[1.]ピアノ教室の話

現在の進度は、『ぴあのどりーむ4』の3分の2以上までと、『田丸版 こどものバイエル 2』の3分の2が終わったところです。

ぴあのどりーむは「森のはる」が、慣れないリピート記号、連続の指代え、#ド-ラの広い指が必要な和音、右手だけスタッカートとなかなかの難関になっています。
終わるまで七ヶ月かかると言われていますので、もうちょいガマンのしどころですね…。ト長調以降はしばらく楽になりそうなんですが。

バイエルは伴奏を交えてゆっくりと進めている印象です。

前回あった倦怠期は一人でピアノ教室に行きだしてからは多少直りまして、家でもそれなりに自主練習するようになりました。おかげで譜読みや音感などの地力はかなり上達したと思いますよ。

人の言うことをなかなか素直に聞かないのと、地道な練習はすぐ飽きる点は相変わらずですが…。
一応、失敗すると最初からやり直す面倒な点は楽譜が長くなったせいか、さすがに前よりはマシになってます(笑)


[2.]趣味の話

取りあえず今のところのトレンドは補助なしで乗れるようになった自転車ですね。
他にはデジカメで写真を撮影するのが好きで、水平が取れるなどの上達が見られます。私が抜かれる日もすぐそこかな(汗)

前回に凝っていたあやとりは、今では下火になっていて、「5段ばしご」や「富士山の月」などをマスターするところまで行ったのですが、それからはちょっとモチベーションが下がっているようです。

遊びとしては、人形遊び、折紙やままごとが定番ですが、最近はなぜか「どうぶつの森」のマスターに影響を受けてか、美味しいコーヒーを入れるのに凝っているようです(笑)

基本的に長女は飽きっぽいので、他にはこれといって執着している玩具はないのですが、練習ドリルや知能テスト系は好きなようですね。
小さい頃から地図も大好きなので、『日本地図パズル』や『世界地図パズル』も今のところヒットしているゲームでしょうか。

あと、少しはまっているのが神経衰弱ですね。今では売ってませんが、だいわの『アニマルマッチング』という動物イラストが書いてある板で私とよく勝負しています。子どもは記憶力がいいので、手抜きをしていると結構負けてしますよ(汗)
裏面の模様にある微妙な違いで当ててくるという卑怯な手を長女が使ってくるということもありますが…。

後はwiiで、「wii music」や「wii resort」などをやって遊んでいます。


[3.]言葉

ちょっと自慢しますが(笑)、長女は話し言葉に関しては身につけるのが早いですね。
この年齢によくありがちな覚え間違いや、言い間違いも少なく、理論的な話し方をしてくるので、小学生低学年ぐらいと話しているような錯覚に陥ります。

適当なことを言ってごまかしたりしようとすると、生意気にも的確に突っ込んでくるので、油断ができませんが…。あとブログとしてネタにしにくいという欠点もあります(汗)

そんな長女がした珍しい言い間違い。
「ウクライナって5歳にならないと一人で乗れないんだよね・」
ウクライナって何だ…?
どうやら西武遊園地の「ハンググライダー」を間違って覚えていたらしいです。ほとんど合ってないじゃん…。


[4.]性格

なかなかのリアリストで頭が固いです。
子どもがこんな頭が固くで良いんだろうか…と思うほど固定観念に縛られています。
(女の子のイラストには必ず睫毛(まつげ)、赤…女の子・青…男の子など)

練習ドリルでも「イラスト2枚を見てお話をつくろう!」という問題があり、1コマ目は、雨の中で男の子がダンボールに入った薄汚れた犬を見つけたところ、2コマ目は、部屋の中で綺麗になった犬が男の子に餌をもらって嬉しそうしているところが書かれていました。

長女が作った話
「1コマ目:犬がいた 2コマ目:ご飯が美味しかった」

子どもの柔軟な発想ってなんだろう…(遠い目)


他に困った点はすぐ物忘れをするところで、ご飯を食べる前に手を洗い、食卓についた直後に「あれ?わたし今、手洗ったっけ?」と聞いてきたりします。若年痴呆か…?

また飽き性で、30分以上車に乗っていると、「まだ・」とか「あと何km・(時分の概念が分からないため、ウチでは目的地まで残り何kmと言ってます)」という言葉を10分置きに発してくるのが、なかなかウザい感じです(汗)
遠出の旅行に行けるのは、いつの日か…。

ただ、機嫌が良いときは積極的にお手伝いをするようになったり、妹の世話をしてくれたりと、精神的に成長している面も見られますね。

他には、頭が固い割には、突っ込み待ちの狙ったボケはよくやってます(着替えの時に、靴下を手にはめているとか、次女のスカートを片足に穿いているとか…)、よく考えるなぁと感心もしますが、ボケをした時は必ず突っ込まないといつまでもアピールしてくるので、なかなかしつこいのが難です(笑)


[5.]その他

体力がついてきたせいか、幼稚園に行っても寝付くのが遅くなっています。
7時に寝るというのがちょっと無理になってきたのですかね…。最近は就寝を8時にすることを試しています。

食事は相変わらず小食で、もったりもったり大儀そうに食べています。テレビを消してもスプーンを持ったまま3分ぐらいフリーズしていることも…。
これだけ食べてないで、よくあれだけの体力を維持できるかがウチらの昔からの疑問です。

動物には相変わらず興味ナシ。
この前『こども動物自然公園』に行ったのですが、長女が「また動物園に行きたい!」と宣ってました。
よって試しに「どんな動物いたっけ?」と聞いてみたところ、「カピバラと馬」という回答。
他にもコアラとカンガルーとかレッサーパンダとか相当な動物を見たのですが…。
更に聞いてみると、動物園に行きたい理由は、時計台にもう一度上りたい、とのこと。
動物関係ないじゃん!


取りあえずは以上、次回は次女編です。
コメント
この記事へのコメント
ピアノと自転車、着実にスキルを身につけていってますね♪
集中力と忍耐力は大人でもなかなか継続できるものではないですが、
子どもは課題を乗り越えていくことで楽しさを覚えて
どんどん上達するので、教え甲斐があります。
子どもが“意外と頭堅い”というのはウチでも実感です。
絵を描いてるときに「今度はこういうのも描いてみれば」と
違ったアイデアをアドバイスすると怒られます(笑)
まぁ本人が描きたいものを描くのが一番ですけどね。
それにしても“ツッコミ待ち”はと素晴らしい!
高等テクですよ(笑)
確かにウケを狙ったアピールやおふざけは増えてきますね・。
そういうときは僕も、たとえ疲れていてもオーバーリアクションで
返してやってますが、ボケが延々続くとやはり疲れます・・・
しかし、僕的に何よりのツボだったボケは狙っていない
「ウクライナ」発言でした(笑)
2009/09/29(火) 09:39:00 | URL | タカ #79D/WHSg[ 編集]
>タカさん
なんだかんだ言って、ピアノは1年続きましたね。
飽き性な長女にしては地道に頑張っていると思います。まぁ毎日練習につきあっているウチらもお疲れさま…なのですが(汗)
教えると怒るのは、こっちも同じですね・。
取りあえず、逆にこっちが教えて欲しい、という態度を見せると食いついてくるので、そこでさり気無くアドバイスを入れるのが最近の対策です。
当然、効かない場合も多々あるのですが…。
突っ込み待ちは、もう長女の持ち芸ですね(笑)
妻は無視するので、仕方がなく私が突っ込みを入れています。
相手はこっちの疲れを全く考慮に入れてくれませんよね…。
何でウクライナが出てきたんでしょね。
ウクライナ、ウグライダ、ハングライダー…やはり遠いような(笑)
2009/10/01(木) 00:53:00 | URL | ぐんま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する