旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
こども動物自然公園
2009年09月08日 (火) | 編集 |
先週の日曜は東松山にある「こども動物自然公園」に行ってきました。

近くにあるので、別に無理してこの日に行く必要もなかったのですが、予定していた多摩テックが来週に延期になったため、何故か他の予定を入れてしまうという貧乏性を発揮してしまいました…。
ここ何回かの週末は遊びづくめだったので、家でゆっくりしてた方が良いと思ったんですけどね(汗)

天気は夏が終わったとは思えないぐらいの晴天と暑さで、大抵のプールが8月で仕舞ってしまうのが惜しいぐらいでした。

この園は初めて行ったのですが、想像していた“町の動物園”というイメージを覆すほど広く、自由に使える原っぱも多いので、お弁当などを広げたり、バトミントンをしながら1日ゆっくりと過ごすのに適した動物園だと思いました。もっと近くに住んでいたらフリーパスを買ってましたね。

うちらは、まず入り口から左に曲がって、シマウマやキリンなどを見学。動物好きな次女は当然のごとく大興奮。次々に指差して何事か叫んでいました(笑)
そのまま道なりに行くと馬の柵があり、厩舎の様子も見ることができます。
道ばたには動物の骨などの展示や、いかにも手作り!といった感じの木製パズルや、めくって読む動物説明ボードなどがあります。

◎シマウマとキリン。下は木製パズル。
こども動物園3こども動物園4
こども動物園5

その先には、“天馬の塔”という鐘塔があります。螺旋階段と垂直の梯子で登っていくと展望台に出られるのですが、長女はこの鉄塔に食いついていて、最後にもここを訪れています(笑)
垂直梯子は最初は怖がっていたものの、最後には自分で登れるようになりました。降りるのはできませんでしたが…。

◎天馬の塔と、上からの景色。
こども動物園1こども動物園21

その後、広場の公園にある滑り台で遊んだ後、カピバラ園へ。
パンフレットの地図で見ると近いように見えるのですが、実際は結構歩かされました。子供づれだとなかなか大変ですね。
建物内では、カピバラの水浴びや、ちょうど食事時だったので、群がって草を食べるシーンを見れました。妻はここに1日いても飽きないそうです(笑)
ちなみに妻が撮影したカピバラ写真は50枚以上…とのこと。デジカメって便利ですね(汗)

◎カピバラさん、モフ。
こども動物園6こども動物園7
こども動物園8こども動物園9

次には、一番の目的である東園のカンガルー・コアラコーナーへ。
ここまでもかなり歩きました。しかも長女が足が痛いと訴えたので、ここからはしばらく私が背負って行きました。
足痛の原因は、どうやら靴のサイズがもう合わないことのようです。夏の間はサンダルばかり履いていたので気づきませんでした…。しかし靴のサイズは17cmなのにもう合わないとは…。

やっとのことで到着した東園。コアラは寝ていましたが、カンガルーは元気で、遊歩道をジャンプで横切ったり、水遊びする姿を見ることができました。
年配のカンガルーでしょうが、休憩小屋近くでゆったりと寝そべっている動物もいて、触らせてもらうこともできましたよ。
当然、こういう時は、怖いモノ知らずの次女が誰よりも早く触りに行き、長女は最後におっかなびっくり、という感じでした(笑)
そういえば、次女は檻の中のロウバシガンに威嚇されていましたが、それでも負けずにウキャウキャ騒ぎながら張り付いていましたね…。
動物好きの次女は、今日一番に元気でした。

◎コアラとカンガルー。右下は触らせてくれたカンガルーです。
こども動物園10
こども動物園11こども動物園12
こども動物園13こども動物園14

東園からの戻りは、暑さで皆が参っていたので“彩ポッポ”という小さな機関車型のバスに乗りました。
一人200円ですが、園の外側にある森の中を通りながらゆっくりと一周してくれるので、なかなか快適です。
ただ、今回はちょうど乗ることができましたが、所要時間が片道20分(往復で40分)もかかり、しかも故障中のため1台のみで運行している現状(イタリア製で部品がないため、なかなか直せないとか)のため、時刻表を見ないと乗ることは難しいと思います。
ベビーカーも乗せることができますが、畳む必要があるので、事前に準備しておいた方が良いですね。

◎彩ポッポ
こども動物園2


彩ポッポで快適にレッサーパンダ停留所(北園)まで移動し、ここで下車。プレーリードッグやレッサーパンダ、ラクダやフクロウなどを見学しました。
レッサーパンダは屋外の放飼場があり、元気に動いているのを近くで見ることができます。室内展示室も前面が大きなガラスで、すぐ近くに寄ってきてくれるのが嬉しいですね。
プレーリードッグ舎の下には大人がかがんで通れるトンネルがあり、その中に入って窓から顔を出すと、間近で動物を見ることができます。

◎フクロウ、ヒトコブラクダ、レッサーパンダ
こども動物園15こども動物園16
こども動物園17こども動物園18

◎ミーアキャット、プレーリドッグ
 左下の写真にある白いドームから顔を出して眺めることが出来ます。
こども動物園19
こども動物園20こども動物園22

この時点でお昼を過ぎたので、入り口まで歩き退園することにしました。
疲れましたが予想よりも色々あって楽しかったです。
他にも、ポニー乗り場や乳搾り体験、恐竜コーナーにスタンプラリー、11/20まで改装中でしたが“こどもの城”という遊び場もあるので、今度来る時はそのあたりでも遊びたいですね。
子ども広場では、クジャクやマーラが放し飼いになっているそうですが、このあたりも要チェックです。

駐車場は朝は空いてましたが、帰りには満車になっていたので、なかなか人気がある動物園なんだと実感しました。次回も早く行く必要がありそうですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する