旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仮面ライダー ディケイド」感想
2009年09月02日 (水) | 編集 |
さてディケイドの総評(まだ完結してないけど)ですが、
個人的には2話構成のスピーディでバラエティ溢れる展開や、過去コンテンツを利用した豪華な戦闘シーンがとても好きな作品でした。

各ライダー作品を再構築して、新たな解釈や視点を加えたエピソードを作るというのは、商業ベースでは斬新な手法ですし、お祭り的なノリも私は歓迎ですしね。

ツカサやユウスケ、夏海(ネガ除く)などメインキャラ造形も好感度高いです。

ただ、文句を言うなら、後半がお祭りに重視しすぎて、シリーズとしてのストーリー展開がおろそかになったのが不満点です。
特に、前半は"9つの世界をまわる"という使命があったのに、巡り終わった後は目的も示されず、ただ旅を重ねていただけなので、話1つ1つとしては面白くても、どうしても常にダラダラとした印象が残りました。

ネガの世界あたりで旅の終着点やライダー大戦への布石を示していれば、まだ違ったと思うのですけど…。
とにかくラストに向けて着実に進んでいる手応えが欲しかったです。

最終回は映画に持ち越されたため、諸事情で見られない人が多くいるのが残念ですが、そう決まった以上は、それに見合う素晴らしいラストを見せて欲しいところです。
親御さん達は、子どもが見たいと言ったら映画に連れて行ってあげてくださいね…。

取りあえず、冬になると忘れていると思うので、謎リストを個人的なメモと共に整理しておきます。
これら伏線が全て回収されることを祈って…(汗)
夏の映画はパラレルの可能性があるので、話と繋げて良いかはまだ微妙ですね。


[1.]渡はなぜディケイドにリ・イマジネーション世界(以下リイマジ)ライダーの破壊を望んだのか。

 ライダーの存在は世界の特異点のようなものらしい。
 リイマジ世界に想定外のライダーが発生したため、他の世界が危機になった?

 1話で渡は、
 「9つの世界に9人の仮面ライダーがうまれた。それが融合するために、全ての世界は消滅する」と言ってます。
 9つの世界=リイマジ、全ての世界=リイマジ含む全てと考えると辻褄があいます。

 また、同じく渡は、
 「あなたはすべての仮面ライダーを破壊するもの。創造は破壊からしか生まれません。残念ですが」
 とも話してますから、最初からディケイドの目的はライダーの破壊だったことが分かります。
 それにしても渡は時間がないとはいえ、記憶がないツカサに対して言葉が足りなすぎるような…?


[2.]なぜ1回目のディケイドのカードは長続きせず、空白失効となったのか

 同じく1話で渡は「それは君がかつて全てを失ったから」と言ってます。
 深読みすれば、ディケイドが持っていた(カード)能力が、何らかのアクシデントで9つの世界のリイマジライダーとなったのですかね…?
 それならば、ツカサ自らが他の世界を破壊しなければならない理由にもなりますが…。
 と思ったら電王の世界はオリジナルでしたっけ?だとすると数が合わないな(汗)
 今のツカサ自身がリイマジから生まれた9つ目のライダーという超展開なら別ですが…。


[3.]でも、一真はディケイドが出ていけばリイマジを含む世界の崩壊を止められると言っていたけど?

 最終回の一番解せないところ。最初に語られた渡の話と合わないですね。
 リイマジライダーと絆を結んだために、今度はディケイドが強烈な特異点になってしまったのでしょうか?
 そうすれば、他ライダーがディケイドを倒そうとするのも分かりますが…。


[4.]夏海の夢に出てくる「ライダー大戦」の意味は?

 "ディケイドが世界を破壊する"という暗示程度かと。
 最終回の戦闘はそれを彷彿とさせますが、ここから謎のビームでオリジナルライダー達が全滅するようには見えませんし。


[5.]夏海は一体何者?

 夏海は重要人物っぽいけど、まだ情報不足。鳴滝とも過去に面識あり?
 ライダー大戦の夢でディケイドが勝利したのに、それで夏海が"悲しくなる"のは意味ありげです。
 更に鳴滝の「ディケイドを止められるのは君だけだ」というセリフと冬映画の予告を見ると、なんとなく推測もできますが…。

 深読みすれば、夏海も「栄次郎の孫」という改竄された記憶を持っている可能性がありそうです。できるならTGクラブもニセの記憶であることを希望(笑)


[6.]鳴滝の正体は?

 普通に考えれば、渡達のライダーとは別枠で世界の破壊を防ぐため監視している人ですかね?
 ディケイドを目の敵にしているのも、安定のためディケイドの消滅を狙っている?
 (つまり、渡達はリイマジライダー破壊、鳴滝はディケイド破壊で、安定をさせようと考えている)

 ただ30話で、ディケイドに協力を仰いでいたのは解せないですが、もう一つの敵である大ショッカーとディケイドのつぶしあいを狙っての演技?
 まさか鳴滝さんにそんな器用な真似が…。一番、読めない人ですね。


[7.]海東はディエンドの力をどうやって手に入れた?以前のツカサや鳴滝と面識がある?

 予想としては、海東は普通の人なのが分かっているので、ディエンドライバーを盗んで世界を移動する力を手に入れたのでしょう。
 で、先に世界を旅をしているからツカサや鳴滝とも面識があった、と。

 ただ、ツカサとの初対面では、彼の食べ物の趣味を知っているぐらい仲が良いこをとアピールしていたのに、後半はそうでもないのが気になります。
 海東が知っているツカサが別世界のツカサだった可能性もなきにしもあらず?


[8.]「ディエンドとディケイドは決して相容れない。やがて滅ぼしあう!! 」とは?

 鳴滝さんがノリで言ってみただけ。
 のような気がする。

 「ディエンドライバーはディケイドライバーを破壊するために作られた」みたいな設定が今後、出てくるようには思えませんが…。


[9.]写真館の主、栄次郎は一体何者?

 シリーズ内では情報不足。リイマジを含め、色々なことを知っていそうですが…。
 個人的には怪しそうに見えて普通のお爺さん希望。
 ただ、夏海の正体は少なくとも知っていることでしょう。


[10.]キバーラの正体は?

 次元も移動できるし単なるコウモリではないのは間違いないと思います。
 って冬映画の予告を見たら当たり前だけど。

 最初は鳴滝と組んでいたけど、他に目的がありそう。
 ユースケをアルティメット化したりと、普通に考えるとリイマジの破壊を狙っているようですが…?


[11.]大ショッカーの存在は?

 "大ショッカー"と言っている割には、再生怪人に頼ったりと敵が小規模です。
 ツカサがショッカー本部に行く時、海東が「そっちじゃない」と言っていることから、
 実は大ショッカーは一度滅んでいて、TVシリーズでは復興直後という可能性もありますかね…。 
 人員がまだ少ないと考えれば、アポロのような中ボスが最後の敵だった理由も分かります。


[12.]1話では、夏海の世界が破壊されてたけど?

 オーロラのカーテンから怪物が現れたのをみると、大ショッカーが関連してるようにも見えますが、何かが違うような気もします。
 単に"最初に崩壊した世界"という演出だけかもしれませんが…。

 と言うか、夏海は自分の世界のことを全然心配してないですね…?


[13.]ツカサの過去

 夏の映画の通りという話もありますが、冬の映画の予告でもう一人のツカサが出ているみたいなので予断は許さなそうです。
 深読みもできそうですが、取りあえずやめときます。


以上ですが、ここまで書いておいて内容が、ダークディケイドが出てきて、実はこいつが破壊者だった!とか、オリジナルライダーが実はニセモノだった!、とかいう展開だったら…諦めて脳内補完でもしますか(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。