旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩テック
2009年07月14日 (火) | 編集 |
多摩テック1多摩テック2


先先週の土曜(7/4)に弟夫婦と多摩テックに行ってきました。
ご存じの通り、多摩テックは今年の9月30日に残念ながら閉園してしまうので、それまでにあと2回は行っておきたいと思っての企画です。

数字前の天気予報では、降水率が70%だったので不安でしたが、今まで遠足や遊園地イベントにて雨予報を幾度となく覆してきた強力な晴れ女である長女に「晴れにしておいて」と頼んだら、「いいよ~」と軽い返事が返ってきました。
当日になってみると曇り予報に変わっていて、良かったなぁ、と一安心したら、今度は一転して、強い日差しが顔を出す蒸し暑い一日となりました。
取りあえず、長女の御利益ありすぎです。

ちなみに私と妻が2人で出かけるとかなりの確率で雨になります。単体では晴れ性質なのに、これも長女の呪いか…。

さて、今回、長女が初挑戦したのは前回時間がなくて乗れなかった「ピンキーバイク」。
グリップを捻る動作で加速する本格的なバイク操作の乗り物でしたが、長女はなかなかに上手に運転していて、ライン取りも的確に行い、見事一位を獲得していました。
うちの長女は乗り物の運転に関しては興味があるので強いのですよね…。

その反面ビビリは相変わらずで、メリーゴーランドの木馬に乗れないのは勿論、前回喜んで乗っていた「バイクパレード」や「でんでん虫」もなぜか最初は乗れない状態でした。
まぁ、最後には慣れてきたせいか、メリーゴーランドの一番大きな木馬にも乗っていたのですが、基本的に長女は慎重というか、乗れば大丈夫なのに、怖がってなかなか手を出さないところが特徴なんですよね。

しかも今回、大丈夫になったからと言って、次回の遊園地にはその経験がリセットされてまたビクつくのが、また大変なところですが…。毎回レベル1に戻るとはどこのシレンかと(汗)
微妙に遊園地に連れてきがいのない損な性格なのですが、まぁそういう性質なので仕方がないですよね、

ちなみに恐れを知らない次女は余裕で一番大きな木馬に乗り、しかも終了して止まると怒って泣き叫んでいる状態でした(^_^;
次女も運転ものが大好きなうえに怖いもの知らずなので、もう少し大きくなったら迫力のある乗り物にも挑戦したと思うのですが、その前に遊園地がなくなってしまうのは残念ですね。
まぁ、今時点で何回も繰り返し乗ろうとして泣き叫んでいる状態でしたから、逆に面倒だったかもしれませんが…。
このあたり、この2人を足して割るとちょうど良いと毎回思うんですけどね…。

長女の話に戻りますが、前回は怖がっていた「コチラちゃんのプチプレーン」にも、弟の娘が一緒だったので今回は乗ることができました。
実際に乗ってみたら、自分で操縦桿による上下操作ができるので面白かったようですよ。
また、「電気自動車ムウ」がペダルのアクセルに足が届くようになっており、自分で操作できるのが楽しかったようで、何回も乗ってました。

「チララちゃんのフラワーカップ」も今回初でしたが、こじんまりとしたコーヒーカップなのに回転はするどくて、なかなか目が回りました。長女は勿論、次女も天井に装飾された蜂を見て「はっち、いたー」と喜んでいましたね。

前回(夏休み中)は混雑して乗れなかった「アクロエックス」も今回は適度な混み方だったので搭乗。水上や坂道、ガタガタ道などの悪路を走るので怖がるかと思いましたが、長女は果敢に操縦して(私もフォローしましたが)91点という高得点を取りました。
ちなみにこのアトラクションは3歳からなので、次女は無理でした、残念。その間、妻とメリーゴーランドやバイクパレードに7回以上乗っていたらしいですが…。

弟の娘は、マイペースながらも度胸があるので「ガリオン」などの、うちの娘が乗らないような乗り物にも積極的に乗っていました。
ただ「スーパースカイライダー」だけは1人で席に座る(大人は離れた前後の席にしか座れない)ため、これはちょっと怖かったようです。
また「ピンキーバイク」は捻るという、バイクのアクセルの概念が良く分からかったようなので見送りましたが、それ以外には色々なアトラクションで遊んでいたようで、十分に楽しめていたようなら、こちらも嬉しく思います。

他にも観覧車やチンチン電車にみんなで乗ったり、「ロードスター」「キッズドライブ」でも遊びましたよ。「キッズドライブ」はいくら頑張ってもゴールド免許(90点以上)が取れる気がしないのが悔しいところ…。


あとアトラクションではないですが、広場で金子隆也さんという方が大道芸をやっていたのが印象に残りました。
中国コマ(ディアボロ)やヨーヨーなど、最初は何気なく見ていたのですが、次第にその素晴らしいテクニックに見とれ、しばし足を止めて(というか座りこんで)見てしまいました。

ディアボロで片手離しや、ヨーヨーを観客の目の前ギリギリまで操作する技術など、かなり凄い技の持ち主だと唸っていたですが、話を聞くとワールドヨーヨーコンテスト、ディアブロ部門で優勝したこともある経歴を持っているそうです。
その技術は勿論のこと、大道芸ゆえどうしても1.2回は失敗するところを、慌てず自然なフォローで次の芸へ復帰していくところが特に心に残りました。
このようなところに本当の才能と経験が要求されるのではないかな、と思いますね(これは手品なんかの芸にも言えることですが…)

個人的に大道芸は好きなのですが、うちの娘達も気に入ったと見え、最後まで飽きずに見て、最後にはヨーヨーを買って一緒に写真を撮らせて貰いました。
ただ長女が影響を受けすぎ、買ったヨーヨーで無謀にも家で世界一周などをやろうとして周りに被害を与えていたのが困ったものでしたが…。


やはり、うちのような運転好きが揃っている家族には多摩テックは面白かったです。
ただ、運転ものは回転が悪いうえに、乗り物の年齢ターゲットが狭くなってしまうので、やはりアトラクションの対費用効率が悪そうで、それが閉園にもつながったのかもしれませんね。少子化や車の不況もあるかもしれませんが、フォーミュラーなどの本格的なカートもやらせたかっただけに本当に残念です。

実は今回、カメラを忘れてきてしまったので(上写真は携帯にて撮影)、もう一回閉園前に、今度はプールなども含めてみんなで遊びに行きたいですね。
コメント
この記事へのコメント
遊園地には久しく行ってませんが、僕も自分で操作する
乗り物系は大好きです♪
妻も華奢な体で大型二輪の免許なんか持ってるんで、
(僕は原付すらロクに乗ったことないんですが・・・)
家族で行くと子供そっちのけで夢中になってしまいそうです。
こういうご時世なので仕方ないですが、楽しめるスポットが
減っていくのは悲しいことです・・・
2009/07/17(金) 09:06:00 | URL | タカ #-[ 編集]
>タカさん
操作できる乗り物は楽しいですよね!
自動で移動するとしても、音を出したり左右に少しでも動かせたりする要素があると嬉しいものです。
大型二輪の免許は凄いですね!
うちも夫妻ともバイク中免を持ってますが、大型も少しだけ欲しかったです。
でも子どもがいる現状では、維持費が大変なんですよね…。引退後の楽しみにでもしようかな(笑)
最近の遊園地は、移動するだけか、ディズニーランドにあるような銃や発見タイプのアトラクションが多いですよね。
多摩テックのような運転を体感できるところは貴重なのですが、少子化の影響でこれからも減ってしまうのですかね・。
2009/07/21(火) 11:56:00 | URL | ぐんま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。