旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
子どもの成長20(次女編)
2009年06月20日 (土) | 編集 |
長女編(6/5)から間が空いてしまいましたが、次女編です。


とは言っても、パワフル(強引)で、食事に執着する基本路線は変わっていないのですが…。

いつも朝一番(6時頃)に起床しては、大抵は台所で自分の分の朝食がないか、いつも催促してきます。
いつまでも食事が現れないと、自分のテーブル椅子を強引に引きずってきて座り込み、机を叩いていたり、泣き叫んだりしていますね。
もう少し話せるようになったら、更に食事の催促が煩くなるのでしょうね…(汗)

また食べ終わっても、人が食事をしていると、顔を近づけてきてじっと見ていることもあります。
特にバナナなどの自分が好きなモノは、自分の分が食べ終わっていても、人が食べていると様子を伺いにやってくるので、ウチでは次女が食べ終わる前に自分の分は消化しておかないと、面倒なことになってしまいます(笑)

食事量もすでに長女と変わらないぐらいに食べてますしね…。
まぁ、これは長女が未だに小食ということもあり、次女ぐらいの頃はまるで食べなくて、何でエネルギーを得ているのか不明なぐらいでしたからね。
このあたり顔は似ている(と良く言われる)姉妹なのに、性格はまるで正反対の2人です。
だらだら食べている長女(好物のパンを除く)と、熱いモノや初めてのモノでも無理矢理食べに行く次女、足して2で割ると丁度良いのですが、なかなか上手くいかないものです。

あ、そんな次女でも苦手なものがあって、お茶は出してくるだけで手で押しのけて嫌がり、NGサインを出してきます。逆に長女は普通に飲んでいたところが面白いところですが…。


言葉はかなり話せるようになってきましたが、だいたいは長女の真似なので、ロクなことは言ってませんね(笑)
あ、あと「バナナ」とか「おやつ」とは食事に関することは良く言ってます…。スプーンやフォークを自力で使えるようになりつつあったり、食事に関しては、次女はかなりの発展を見せているようです。

それでも「いてらしゃーい」とか「あった」の反対の「ない」は安定して使うようになってきました。
まぁ、次女は朝、私が鞄を持ったり、着替えたりするだけで、手を振ってバイバイしているのですがね…。


絵本は相変わらず読むのが大好きなのですが、自分で適当にめくっているだけで、全然、人の読むことは聞いていません。
これは長女の場合も同じでしたね…。絵本の読み聞かせは感性を育てるといいますが、うちの娘達には、まったくそれ以前の問題です…。

長女と違うのは、本を適当にめくるために、すぐに本を破壊すること(参考、以下写真)、いくら製本テープで修復しても、次の日には何事もなかったように壊れています。
慎重な長女の場合は、昔の本でもほとんど新品同様だったのに…。

次女の仕事

あと、次女は雑誌などのシールを全然、貼ろうとしません。
この世にシールを貼らない子どもが存在するとは思いもしませんでした(汗)
そして、何故かもっぱら姉が貼ったシールを、ひたすらはがし続けています…。


破壊といえば、次女はこの間、戸棚の引き出し(手前に引いて開けるタイプ)も壊してました。あんなのどうやって壊すんだろう…?
別段、すさまじく乱暴にしている訳でもないのに、いつのまにか壊れている次女の能力は才能という他はありませんねぇ。

あ、でも長女が量産する折り紙作品を捨てるには、この能力は重宝しています。
子どもの作ったものって捨て辛いうえに、長女はひたすら作成することがありますからね…。


遊びとしては、動物モノ全般が大好きで最近は、プレモ1.2.3の動物シリーズがお気に入りになっています。
よく象を持って「ぱおーん」とやっていたり、馬を持ってパッカパッカと走らせています。
どちらもやたら気合いを入れているので、威嚇にしか見えないところが難点ですが…。
積み木も最近はやっとこさ、数段は積むようになってきたらしいですね。とは言っても長女の10ヶ月レベルにやっと到達したとこなのですが、やっと創造らしいことをやってくれて、少しほっとしています(^_^;


他に長女との違いは、今のところは次女は恐がりでない、ということですかね。
風船に腰掛けていて何回か割ったりしているのですが、本人は平気で、また風船に座っています。周りの方が怖いですよ…(特に長女がビビっている)。

あ、あと次女はこのところよく熱を出すのですが、「ひえピタ」を貼ると、首でも絞められたかのように泣き叫びます。
長女は自分から「ひえピタ」を貼って喜んでいたのに…というか、これは長女が変なだけなのか…(マスクなども自分から付けたがりますし)。


こんな長女とは全然別な性格の次女ですが、相変わらずの姉大好きでリスペクトしまくっています。これで互いに2人の性格が足して2で割れれば良いのですが、なぜか互いに悪いところだけを真似しまくっているのが困ったところです。
(姉=本や玩具の扱いが乱暴に、次女=空気が読めなくなっている)

まぁ、取りあえずは、喧嘩をしながらも仲良くやってくれれば、私らは嬉しいですよ!頑張って切磋琢磨していってくださいな。
コメント
この記事へのコメント
ウチの次女の“ほんの少し未来”を読ませてもらってるようで
何度もうなずいてしまいました(笑)
何をするにも、とにかくパワフルですよね・・・
ワケもわからずやってるなら仕方ないですが、長女の遊びを
ジャマしたりするときの表情を見てると明らかに確信犯。
怒る姉から逃亡するときニコニコしてます(汗)
無惨にも破壊された本の写真が、まるで警察の証拠品のようで
笑わせていただきました♪
2009/06/22(月) 17:43:00 | URL | タカ #-[ 編集]
>タカさん
次女は逞しいといいますが、本当ですねぇ。
やはり身近にライバル(長女)がいると、大人しいだけではやっていけなくなるでしょうか?
1歳までは空気を読んだ大人しい子だったのに、すでにその面影はありません…(遠い目)
食事についても、別に待っていれば普通に出てくるのに、何で毎日そんなに必死なのかと言いたくなります(汗)
破壊品はまだまだあるのですが、これはホンの一部ということで…。
あ、つけたしですが、次女はついに外見だけでワンワンとニャーニャーの区別がつくようになったようです。
よく考えると、どこで判断しているんだろう…?と思ったり。
2009/06/24(水) 11:17:00 | URL | ぐんま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する