旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組立系クーゲルバーン特集(前半)
2005年11月08日 (火) | 編集 |
クアドリラがきっかけで、組み立て系のクーゲルバーン(玉転がし)を色々と調査していたのですが、けっこうはまってしまい、何時の間にか、玩具屋の店員並に詳しくなってしまったようです(^-^;
よって、実際見た&遊んだクーゲルバーンの一覧をメモ書きと自己満足の意味で、以下に記したいと思います。


コメント
この記事へのコメント
---

★評価の見方

・難易度 … その玩具の難易度。難しい方が長く遊べそうだが、あまり難しすぎると投げ出す危険も。

・印象度 … 子どもが飛びつきそうな見た目かどうかを、私の主観のみで採点(汗)。音などもここに含みます。

・拡張性 … 部品やオプションパーツがたくさんあり、また、それが手に入れやすいかどうか。オプションが多いに越したことはないけど、財布的にはキツイか…。

・安定性 … 安定して組み立てることができるかどうか。子どもは同じ遊びを何度もするので、遊ぶたびにパーツがずれたりするものは低評価としました。



・セット参考価格 … 私だったらどのセットを一番最初に買うかを考え、その実売価格を表記しました。





○キュボロ(クボロ)

(cuboro社)

セット参考価格(クボロスタンダード):24,000円



難易度:★★★★★

印象度:★★

拡張性:★★★

安定性:★★★★



道の彫ってある立方体ブロックを積み上げて通路を作り、玉を上から下へ転がす玩具。

ブロック表面の道だけでなく、内部にトンネルがあるパーツもあるので、地表から地下を通して、コースを作ることもできる。

ブロック形が均一なので一見単純に見えるが、Uターンや分岐パーツで変化をつけたり、登り下りでジャンプ台も作れたりなど、なかなか深い。

トンネルを使うためには見えない部分まで考えて構築しなくてはならず、内部で玉が止まらぬように速度と距離を調整する必要があるので、難易度は高い(5才未満の子どもには難しいと思う)。

パターンバインダーという作成集も発売されているので、始めはこれを見て学習するのが良いと思われる。

立方体ブロックを組み上げる形なので安定性があり、2つの玉を並列に走らせるパーツなど、種類も多く発売されているが、形状が特殊なため、他の遊び(積み木など)とはちょっと組み合わせずらい。見た目が地味なのも、子どもにはとっつき難いところか。

卓上でできるコンパクトさなので、散らからないところは◎。しかし価格が高い…。



5才以上で、パズル的なものが好きな子におすすめ。海外では大人にも人気があるらしい。

下サイトに動画があるので、とても参考になります。



■木のおもちゃがりとん

http://www.galiton.co.jp/details/02-block/menu_cuboro.html" TARGET="_BLANK">http://www.galiton.co.jp/details/02-block/menu_cuboro.html





○ハバ社クーゲルバーン

(HABA社)

基本セット参考価格(組立てクーゲルバーン ):16,800円



難易度:★★★

印象度:★★★★★

拡張性:★★★★★

安定性:★



20年以上の歴史があり、組立クーゲルバーンの元祖とも言える玩具。

斜めに作られたスロープを作り、そこに玉を転がして遊ぶのが基本で、滑り台と似た見た目から子どもには一番直感的に分かりやすいと思う。

勿論、ただ玉をまっすぐ転がすだけでなく、蛇行させるパーツやジャンプ台、シロフォンや鈴などの音が出るパーツ、ドミノを倒す仕掛けなど、子どもが喜びそうな仕掛けが数多くあり、今年に入っても、ドラムセットやバケツセットなどの魅力的な新商品が多く出ている。

はめ込みがないことを利用して、積み木や本などを台にして遊ぶこともできるので応用性は高いが、その分、平行でないパーツを積み上げる形なので安定性が低く、数回遊ぶごとに調整が必要になるところが子どもには難点かも。粘着テープなどで補強したり、玉が当たる場所には壁を作って安定されるなど、創意工夫をして遊べばプラスポイントになるので、マニュアルに拘らない自由な発想が好きな子どもに向いていると思う。

あと、もう一つ欠点としては、全てのパーツをまとめて入れる箱がないので、ぜひオプションでおかたずけ箱が欲しいところです。



下サイトに詳しい説明あり。



■木のおもちゃbrook

http://www.e-brook.com/toku1-s.html" TARGET="_BLANK">http://www.e-brook.com/toku1-s.html





○スカリーノ

(HILPAG社)

基本セット参考価格(スカリーノ・3):18,000円



難易度:★★★

印象度:★★★★

拡張性:★★★★

安定性:★★



この玩具も歴史があり、ハバ社クーゲルバーンとよく比較されるが、斜めのスロープを使う前者と違って、平行なパーツに斜めに溝が彫ってあり、そこに玉を転がす点が大きく異なる。

ゆるやかな坂道のためスピードは遅いが、平行パーツゆえの利点で、高く積み上げる作品を作ることもできる。スロープが縦横に並べられるので、玉の通り道を良く考えてパーツ積み上げる必要があり、考えながら設計していくことが好きな几帳面な子どもに向いているような気もする。

滝や水車、フォレスト、カスケードなど、動きにアクセント加えるオプションパーツも豊富さで、積み木などで土台を作る工夫で遊び方を広げることもできるので、どれを取っても平均的に優れているクーゲルバーンと言えるかもしれない。木の箱にちゃんとおかたずけできるのもプラスポイント。

ただ、動画を見る限り、鈴やシロフォンの音がちょっと弱いのが残念。



下サイトに詳しい説明あり、



■木のおもちゃがりとん

http://www.galiton.co.jp/details/02-block/menu_scalino.html" TARGET="_BLANK">http://www.galiton.co.jp/details/02-block/menu_scalino.html

■てぃんかぁべる(閉店のようですが、動画などはまだ見れます)

http://tinkbell.to/" TARGET="_BLANK">http://tinkbell.to/

http://tinkbell.to/toy/tumiki/screana/index.html" TARGET="_BLANK">http://tinkbell.to/toy/tumiki/screana/index.html





○クアドリラ

(hape internatonal社)

基本セット参考価格(クアドリラ レールセット):19,000円



難易度:★★★★

印象度:★★★★

拡張性:★★

安定性:★★★★



レールがついている水平な板と縦に穴が通してある積み木を組み立ててコースを作り、上から下に玉を転がして遊ぶ玩具。

レール上を玉が走ることと、積み木とレールが凹凸部分で、軽くはめ込むことができるので、スカリーノよりも安定性は高く、円柱・四角柱・三角柱の形になるように積み上げていくと、かなりの高さまで積み上げることができる。

ビー玉を大量に流せるので、カラフルな積み木と相まって印象度は高い。積み木の色によって役割が異なる工夫も知育的にプラスポイント。

ただ、玉を通すルートを前持って考えて作成する必要があったり、平行なレールを玉が走る概念が子どもに分かりにくいので、難易度はやや高め。

新しい製品のため、拡張性が低い(日本では今のところパーツ売りなし)ところと、レールを転がる独自の形式のため、他の玩具とは組み合わせにくいところも欠点か。これからの音楽パーツなどのオプション開発に期待。

微妙に箱に積み木が納まりにくい(寸法がちょっとずれてる?)のは、ちょっと何とかして欲しいところ。

あと、ビー玉が地面にこぼれやすいので、ゴール地点に受け皿は必須(受け皿パーツも発売して欲しい…)。

種類には曲線主体のツイストセットと、直線主体のレールセットがあるが、比較的安価で、子どもに分かりやすいレールセットがまずはおすすめ。シーソーや坂道セットもあるので見た目にも楽しい。



■木のおもちゃおっぽろっぽ

http://www.rakuten.ne.jp/gold/opporoppo/quadrilla-vol2.htm" TARGET="_BLANK">http://www.rakuten.ne.jp/gold/opporoppo/quadrilla-vol2.htm





○くみくみスロープ

(公文)

基本セット:3,190円



難易度:★★

印象度:★★★

拡張性:★

安定性:★★★★★



スカリーノのブロック版と言うと分かりやすいか(傾斜パーツもあるけど)。

完全にはめこむブロックのため安定度があって積みやすく、3歳ぐらいなら十分遊びこなせそう。

色彩は綺麗だけど、材質は木ではないので好みは分かれる。

製品はこの一つなので拡張性はないが、安いので二人子どもがいる場合は二つ買って、組み合わせると楽しそう?また、ボールだけは別売りも可能らしい(「専用スペアボール」)。

このタイプの玩具が好きかどうか分からない時や、積み木よりブロック系が好きな子どもにはおすすめ。



■公文

http://www.kumonshuppan.com/kitemite/hint/019.html" TARGET="_BLANK">http://www.kumonshuppan.com/kitemite/hint/019.html





(後半に続く)
1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
1970/01/01(木) 09:00:00 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
1970/01/01(木) 09:00:00 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
1970/01/01(木) 09:00:00 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。