旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション95号「五つのL」
2009年05月25日 (月) | 編集 |
パズルコレクション95_1

パズルコレクション95号は「5つのL」です。
正方形から構成された5つのL字を台の中に敷き詰めるパズルですが、台の縦横が6x6より少し足りない(短い)ように設計されており、あと少しのところでL字が入らないように出来ています。

遊び方としては4通りあります。

[1.]台に平行になるようにL字を入れていく
 この場合、台の下と右にある凹みを上手く利用してパーツをはめ込んでいく必要があります。

[2.]右の凹みを小さいピースで塞いでからL字を入れていく
[3.]下の凹みを小さいピースで塞いでからL字を入れていく
 この場合は、平行に入れるのは無理なので、パーツのどれかを斜めにして配置する必要があります。

[4.]両方の凹みを小さいピースで塞いでからL字を入れていく
 最難です。複数個のパーツを斜めにして配置する必要があります。

難易度は★4つですが、個人的には2日かけてやっていましたので、★5つ分ぐらい十分に悩みました。正直、★6つ(?)の前回より難しかったです…。
正解は「続きを読む」以降に画像を載せました。


雑誌記事は「四色牌(スーサーハイ)」と「オーケイ」。

「四色牌(スーサーハイ)」は、中国の福建省や、台湾でも伝統的な遊技牌です。
牌は中国将棋・象棋(シャンチー)と同じ文字が、赤・黒・緑・黄の4色あり、全部で112枚により構成されています。

色々な遊び方がありますが、十胡(シーフゥー)という麻雀に似た遊びがポピュラーで、10点(役)を先にそろえたプレイヤーが勝ち、というルールになっています(麻雀の何ハン役縛りに似ていますね)。


「オーケイ」は、106枚のタイルを使用したトルコの伝統的・国民的なゲームです。
ルーツは中国の天九牌で、これも基本は麻雀(またはトランプのラミー)に似ています。ユニークなのは「オーケイ」というどのような数字にもなるジョーカー的なタイルがあることで、このタイルは麻雀のドラのように、ラウンドの始めに規定の数字タイルの次の数字が「オーケイ」として使用されることになります。


正解です。

パズルコレクション95_2パズルコレクション95_3
パズルコレクション95_4パズルコレクション95_5
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。