旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション85号「悪魔のような分子」
2009年01月31日 (土) | 編集 |
パズルコレクション85

前回に続いてパズルコレクション85号は「悪魔のような分子」です。

12個の球と30本の棒から写真のような分子型を作るのが目的です。
★4つですが難易度は低く、10分ぐらいであっというま間にできる…といいたいところですが、相当に精度が悪くて、ボールに空いてある穴の角度をよく見ないと、刺す棒の方向が曲がってしまい、なかなか完成系には至りません。

最終的には妻も私もかなり力ずくで、無理矢理モデルの形に押し込めました。
正直、これは商品レベルになっているパズルの精度ではないと思います。最近とみに精度が悪くなっているので、このままパズルコレクションを買い続けるのもどうなのかなぁと、不景気な最中、そう考えてしまいます(汗)


雑誌記事は「宝探し」と「チェスの天才達」。

「宝探し」は、小説ダウィンチコードから、フランスのヴォールヴィコント庭園での宝探しアトラクションなど、幅広い宝探しゲームを紹介。
私が興味を持ったのは、マックス・バレンタインという宝探しゲームを作るスケシャリストで、1993年に発売された暗号を使った謎解き宝探しゲーム「黄金のフクロウ」や、1985年にザイール川を探索中、司会者が行方不明になった宝探しゲーム番組などは調べてみたい気分になりました。

「チェスの天才達」は、チェスの最初の本を出したルイ・ロペス神父や、イタリアで30年チャンピオンだったジョヴァンニ・クトリ、法王ピウス5世の加護を受けたパオロ・ポイなどを紹介。彼らが殺害や自殺など悲劇的な人生を送ったということです。

近代では、初の公式世界選手権で優勝したヴィルヘルム・シュタイニッツの(妄想上の)神に挑戦したエピソードや、KGBの支配下にあったというパウリ・ケレス、4歳からの早熟な天才で男性プロにも挑戦(世界16位となった)したポルガー三姉妹の話などが紹介されています。

個人的にはドイツの「スタローベック村」というチェスの名人が集まる村の話が興味深かったです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。