旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション82号「トルネードパズル」
2009年01月18日 (日) | 編集 |
パズルコレクション82

パズルコレクション82号は「トルネードパズル」。

6つのパーツを台にはめ込む敷き詰め系のパズル。
難易度は★3つですが、15秒で解けます。正直かなり子どもだましな感じです。
こんなパズルは類似なものが今までも多く出てきましたし、今更いらないですね。


雑誌記事は「ゲームと記憶」と「立方体と展開図」。

「ゲームと記憶」は記憶を使った問題で、写真を見て記憶した後に質問に答える形式です。まぁ、あまりゲーム性があまりないので、好きではない系統のお題ですかね。

ただ記事にあった、「色」や「形」を似たものにして特徴を消すと記憶するのが難しくなる、という話や、記憶には「再認」と「再生」という2つのメカニズムがあって、存在した物体そのものを思い出すのは「再認」で、名称など関連するのを出すには「再生」である、という説明は興味深かったです。

「立方体と展開図」は、立方体に書いた文字を展開図に書き入れるクイズです。知能テストでこのようなものがよく出題されますね。私は結構こういうのは得意です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。