旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション81号「松かさパズル」
2009年01月17日 (土) | 編集 |
パズルコレクション81

早く残りを消化したいパズルコレクション。81号は「松かさパズル」です。

難易度は★5つ。組み立て式でパーツ数が33ピースという複雑さもありますが、なんと言っても難しいのはその立体的な構造です。
中心となる骨組みがずれると、あっという間に全体が崩壊して最初からやり直しになるので、完成までは忍耐力と器用さが必要になります。

不器用で飽きっぽい私には大変なパズルですが、何とか2回崩壊させた後、完成させることができました。所要時間は…テレビを身ながら1時間半ぐらいやっていたかな。


雑誌記事は「ジョーカー」と「わたしがしたわ実験ゲーム」。

「ジョーカー」はカードゲームの切り札や、"何にでもなる"万能カードとしてジョーカーを紹介。その名称が19世紀のアメリカのゲーム「ユーカー(ジューカー)」から来たということは初めて知りました。

また、"スクランブル"(手持ちの文字チップを順番に並べて多く英文字作った人が勝ち、というボードゲーム)での白いチップ(好きな文字にすることができます)も、"ジョーカー"というんですね。これも勉強になりますtあ。


「わたしがしたわ実験ゲーム」は、計算を使って相手の数字を当てる手品…。使い方にもよりますが、基本的に計算に種がある手品は好きではありません。
もう一つは「15パズル問題数」。全部で6問ありますが、まだやっていません…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。