旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
つじあやの「COVER GIRL 2」ツアー/草月ホール
2008年12月26日 (金) | 編集 |
今日は仕事納めですが、さっさと職場を抜け出して、つじあやのツアーに行ってきました。

今回は「COVER GIRL 2」の全国ツアーということで、選曲がカバー中心になることは分かっており、チケットを取る気はそれほどなかったのですが、妻が取りあえずファンクラブ枠で確保しておいたのと、前回の「COVER GIRL」もなかなか楽しめたので参加することを決めました。

妻と私が出かけると荒天になることが多い(単独では互いに晴れる)のですが、今日も今冬一番の冷えこみで風も冷たかったです…。
妻が西武線が事故のため多少遅れましたが、青山一丁目駅で合流することができました。

草月ホールは初めて行く場所ですが、コンパクトな会場に関わらず3階席まであり、暖かみにある色合いが、演劇などに向いているところだなぁ、という感想を持ちました。
私たちの席は4列目向かって右です。

つじのライブではめずらしく10分ほど遅れてからのスタート。バンド形式は以下の通り。
伊賀航(エレキベ・ス・アコベース)
坂和也(ピアノ/アコーディオン)
曽我淳一(キーボード)
目次敬之(ドラム)

アノニマス徳澤さんのチェロがないのが残念ですが、曲目にはあまり出番は少なかったかもしれませんね。
セットリストは以下の通り。カッコ内はカバー元のアーティストです。しかし、相変わらずカバーする対象の範囲が広すぎる…。

01.come again (m-flo)
02.丘を越えて (藤山一郎)
03.RISE&SHINE(The Cardigans)
04.ありえないくらい奇跡
05.僕らの合言葉(清浦夏実:セルフカバー)
06.頼りない天使 (FISHMANS)
・ここから弾き語り
07.ルージュの伝言 (荒井由実)
08.calling
・ここからバンド形式に戻る
09.都会(大貫妙子)
10.DOWN TOWN (シュガー・ベイブ[山下達郎])
11.パレード(山下達郎)
12.風になる
13.SWEET MEMORIES (松田聖子)
14.揺れる夜、愛に抱かれて
15.戦場のメリークリスマス (坂本龍一)
・アンコール
16.黄金の月(スガシカオ)
17.星降る夜のクリスマス

つじ師匠の服装は、赤い花の髪飾りに紫ワンピース、タイツにヒール高ブーツという、なかなか大人っぽい格好。

最初は、「come again」「丘を越えて」とアップテンポの曲でスタート。
「come again」のようなテクノ(クラブ?)調の曲にも、ウクレレとつじの声が妙にマッチするのが面白いです。
3曲目の「RISE&SHINE」は、アルバムに入れようとしたが漏れてしまった曲とのこと。CardigansとはTore Johansson(スウェーデンの音楽プロデューサー)つながりですね。

「ありえないくらい奇跡」「僕らの合言葉」はケロロ軍曹のタイアップ曲。そういえば会場内でも小学生ぐらいの子どもを何人か見られましたよ。
次の「頼りない天使」では、坂さんがネコの声を再現するため、アコーディオンを購入した、というエピソードを披露してくれました。

8曲目の「calling」は『NTT西日本コミュニケーション大賞』受賞作品のイメージソングとして書き下ろしたもの。元になる実話に基づいて作詞したもので、電話がきっかけで夜行列車に乗って故郷の恋人(家族)に戻るという筋立ての歌詞でした。曲調もしんみりとした暖かい感じでなかなか良かったです。次回のアルバムには収録されるかな。

ここで次にバンドマスターでもある伊賀さんがバンド紹介を行い、ぎこちなくも各々を紹介。トークでは今ツアーではつじさんがよく転ぶ、というエピソードを話していました。
ウクレレは1回、メガネは2回吹っ飛んだとか…。バランスの崩れは身体のゆがみが原因かもしれませんよ…(wiifit情報)。

「DOWN TOWN」ではいつもは不動のつじさんが、珍しくステージを左右に動きながら観客にアピール。更に次曲の「パレード」から「風になる」は既存曲なので、お客さんの手拍子も自然に入っていましたね。今回はノリの良い曲が多いので、観客もなかなかに動きがあって楽しかったです。

ここで終盤を迎えたところでつじさんのMCがあり、(このタイミングで言うべきネタなのか迷ってから)、洗濯物を干しっぱなしして外出したら、シーツが隣の施設の屋根まで吹っ飛んでしまったエピソードをしてました。取りに行く勇気がなくて2・3日迷ってから謝りに行ったとか…。まぁ、つじらしい話だという感想ですね(^_^;
13曲目「SWEET MEMORIES」から「揺れる夜、愛に抱かれて」は連続で歌いましたが、間奏で流れたドラムソロが格好良かったです。今回は個人的に目次さんのドラムと坂さんのピアノが冴えていたように思えます。

アンコールでは、原作のスガシカオと並ぶぐらい好きな「黄金の月」と、1日遅れのプレゼントとして「星降る夜のクリスマス」。つじさんの衣装は替わりませんでしたが、他のメンバーはツアーTシャツを着ていました。販売のエコバックはサインを1つづつ(クリスマスの日に…)書いている逸品でしたが、買う時間はなかったので、残念ながら、すぐに帰宅の途につきました。

つじ師匠が曲間にたまに咳き込むところもあり、のどの調子がちょっといまいちそうでしたが、押さえるべきところは押さえてパワフルなステージを見せてくれました。
カバーでしか聞けない曲もあるので、たまにはこのようなライブも良いですね。…次回はオリジナルのセットリストが良いですけど(^_^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する