旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家にあるおもちゃ その4 [知育遊具・ゲーム]
2008年11月01日 (土) | 編集 |
[知育遊具・ゲーム]

◎プラステン

・参考
wood warlock

輪っかが棒に通してあるだけのシンプルな構成ですが、何かと人気がある玩具です。
同色を合わせたり、バラバラに組んで色合いを見たりするのが基本の遊びですが、輪っか単体でもお金にしたり料理の具材にしたりと、工夫して遊びます。
持ちやすいのか、次女もよく輪っかを外して持ち歩いています(どこかに置いていくため、すぐパーツが行方不明になりますが…)
10個ごとに積むので、将来的には計算を教えるツールとしても使えます。


○くもんのひらがなつみき

・参考
KUMON

個人的にはひらがなさいころつみきの方がオススメですが、これも長女は積み木や人形劇?、ドミノ倒しとしてもかなり遊んでいて、平仮名・カタカナを覚える助けとなりました。
今ではあまり使わないかな…?まぁ、次女の時にも活躍してくれることを期待しています。


○くもんのNEW日本地図パズル

・参考
KUMON

地図好きな長女のために購入。一通りマスターしたせいか最近では遊びませんが、一時期はかなりはまっていました。
小学校に入ったらまた活躍しそうですね。


○お月さまバランスゲーム

・参考
KUMON

エドインターのゲーム。お月さまのうえに積み木を積んでいくゲームで、3才の長女でも楽しく遊べます。
というか、積み職人の長女はなかなか手強いです(^_^;
一応、手加減として待ち時間なしの即積みでこちらはやっているのですが、これぐらいのハンデでも負けることがありますね…。


○スティッキー / Zitternix

・参考
wood warlock

ドイツHABAの製品。天皇家の愛子様が遊んでいる姿が新聞に載ったこともあります。
棒を引き抜いてその点数を競ったりできますが、うちではシンプルに崩した方が負けというルールにしています。
うちの長女と遊んでいますが、やはりバランスものが得意なので、強敵です(汗)


[総評]
知育遊具はためには成りますが、その効果を期待するだけでなく、遊んでいて楽しいものが良いですね。
長女は何故か最近は勉強に目覚めていて、工作や英語、IQパズルのワークなどを熱心にやっています。肝心の小学校になることには飽きて勉強をしなくなっていそうですが…。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。