旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常生活に戻りました
2008年06月23日 (月) | 編集 |
父の葬儀を無事あげることができ、急ぎの手続きも終わったので日常生活に戻りました。
これからもよろしくお願いします。

とは言っても、一部の保険作業や相続関連、名義変更などが終わっただけで、まだまだ書類関係でやらなくてはいけないことは色々と残っています。
四十九日を含めた行事もあるので、母はここ数カ月は忙しい日々を送ると思われますが、来週には私もまた帰省するので、いくつか手伝っておきたいところです。

取りあえず母の今後は、父が残した家と各種保険、遺族年金があるので、仏様の用立などを差し引いても、今のところ金銭面では問題なく暮せそうで一安心です。
(むしろ、ウチの方が金銭面では将来的に怪しいかも…(汗))

今回、手続きで一番面倒だったのは相続関連でかなり時間を割かれました。
とは行っても、たいした財産がある訳でもなく、兄弟とも母に管理を任せることで意見が一致しているので問題はないのですが、父が田舎から戸籍を移していなかったため原戸籍を取ることが面倒だったことと、弟が海外赴任をしているので証明手続きをするために公証人を立てなくてはならないことが煩雑でした。
(在留証明書というものを大使館でとればOKだったらしいのですが、今回は予期しなかったので準備をせずに実家に来てました)

ちなみに、私が婿入りで名目上は妻の家にいるので、今回の葬儀やお寺関連、お墓さがしなどは、全て弟が中心になって取り行ってくれました。
若い頃は、いい加減で無鉄砲なところがある弟でしたが、年を重ねて立派になったものだなぁと感慨深いものがありましたね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。