旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかあさんといっしょ スペシャルステージ「うたのパレード」
2008年03月07日 (金) | 編集 |
さいたまスーパーアリーナ


前回のブログで書いたとおり、先週末に鉄道博物館に行ってきたのですが、私と長女だけは午後1時に博物館を抜けて、さいたまスーパーアリーナで行われる「おかあさんといっしょ スペシャルステージ」に行ってきました(本来はこちらがメイン)。


規模からして漠然と混んでるだろうなぁ、とは思っていたのですが、想像を絶するほど混んでいました。
その理由としてはアリーナ席にいくまでが遠い上に、ところどころで人形との写真撮影やヤクルトやビオレなどの販促イベントも行われており、なかなか列が進まないことです(販促に関しては、無料で色々もらえるので、私もいくつか並びましたが)。
駅到着は1時半でしたが、席に着いたのは2時ぐらい(開演2時15分)で、早く行っておいてよかったです。

席はアリーナ9列ぐらいで、中央花道のすぐ横という両席でした。
ステージが始まって、歌や踊りが始まり、長女も最初は、アネム帽子(ぐーちょこランタンのキャラクターグッズ)をかぶって、しっかり歌を見聞きしたり、歌の姉さんや、大好きなアネムに声援を送っていたのですが、中間ぐらいからぐったりしくてきて「帰りたい…」とところどころで言うようになってしまいました。
最初以外で、しっかり踊っていたのはゴッチャと「たまごまごまご」だけでしたね。

やはり鉄博からの流れや、あまりの会場の混雑ぶり、娘の嫌いな会場の暗さがあいまって、すっかり疲れてしまったようです。
チケットの関連で、コンサートと鉄博の流れが逆になってしまったとはいえ、気の毒なことをしました。次回からは気をつけたいです。

しかしステージが1時間20分の長丁場だったり、内容が序盤以外ストーリなしの歌の連続、特に中盤は巨大なやぐらによって会場をパレードするところは、アリーナよりもスタンドのためのイベントなので、大人の私も多少、飽きていたのは確かです。

このような大きなイベントよりも、地方でやるようなもっと小さなイベントの方が娘には合っていたのかもしれませんね。

ちなみに帰りは強風で電車が計40時間以上ぐらい遅れ、ここでもかなり疲労しました。
1日を振り返ると、子どもを二人連れての限界に挑戦といった趣でしたね。

歌のお兄さん。お姉さんは今年度で卒業なのでイベントに参加できたことはとてもよかったのですが。今度はもうちょっと余裕がある計画を立てるようにしたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。