旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道博物館
2008年03月06日 (木) | 編集 |
先週の休みに大宮にある鉄道博物館に行ってきました。

オープン当時ほどではないけどまだまだ混んでいる、とは聞いていましたが、9時半頃にはすでにかなりの列が出来ており、入場開始の3分後には運転シュミレータやミニ運転列車の午前予約は早くも受付終了。

土日は9時には到着しないと予約が取れない、とは聞いてましたが、うわさ通りすごい人気ですね。

うちらは子ども二人を連れているので、今回は下見程度でゆっくり空いているところを回ってきました。

博物館内は敷地面積の割には広々と作られていて休憩個所も多く、子連れでも安心して見学できました。
レイアウトや説明も良く、鉄道に詳しくない私でも楽しく遊べましたね。

しかし驚いたのは、人気イベントの長蛇の列と入場者の根性。ミニシャトルや鉄道模型ジオラマなどは余裕で30分~1時間は待っていますし、ミニ運転列車の午後予約などは3時間以上待っている人が多くいたのではないでしょうか。
遠方から来る人にとっては並ばないとチャンスがないとは言え、とにかく脱帽です。

ちなみに妻が期待していた鉄道模型ジオラマは動いているところこそ見れませんでしたが、待機中の時間なら並ばずに写真をとることができました。
また、3歳未満の子連れの方なら、キッズスペース1からジオラマを見ることもできます。

食事は私たちは持ち込みでしたが、駅弁なら館内で買うことができます(早い時間なら全然混在してません)、ただ、食堂車で提供していたメニューを出している「日本食堂」はやはり長い列ができていました。

人気イベントは待ち時間が長いし、小学生以上でないと理解や操縦できないところが多いので、今度来るとしても子ども達がもっと大きくなって、なおかつ、まだ電車に興味があったらですかね。

下は写真です。

鉄道博物館1
入口にはD51が出迎えてくれます。
鉄道博物館2
ヒストリーゾーンです。お昼の時間には中央の汽車が汽笛を鳴らしながら回転します。長女は汽笛音にかなり怖がってました。
鉄道博物館3
ヒストリーゾーンにあるステンドグラスです。
鉄道博物館4
屋上から見た庭の様子です。ミニ運転列車のコースも見えます。
鉄道博物館5
妻の趣味でEF66です。
鉄道博物館6
鉄道ジオラマです。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。