旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション63号「サークルパズル」
2008年02月29日 (金) | 編集 |
パズルコレクション63パズルコレクション63号、付属パズルは「サークルパズル」です。

8つのパーツを円形に納めるのが目的の詰め込み式のパズル。
難易度は★3つですが、20秒で解ける超簡単パズルです。正直★一つで良いと思いますが…。
今までの最悪作品であるロープインアップル(3秒で解ける)よりマシですが、取り合えず長女が初めてチャレンジするパズルぐらいの利用価値しか考えられません(汗)。

雑誌記事は「ペイシェンス-9」と「パリ対ロンドン、チェスの戦い」。

「ペイシェンス-9」は恒例のトランプの一人遊び。毎回ながら良くバリエーションがあると思わせられますが、今回も「12の軍隊」「カードの行進」「ジャックの旅」「赤と黒」の4つのゲームを紹介。内容もさることながらネーミングセンスがなかなか洒落ていますね。

「パリ対ロンドン、チェスの戦い」は、強力なライバル関係であるイギリスとフランスにおけるプロのチェスプレイヤーの切磋琢磨が語られています。
戦争をすることに比べればゲームで優劣を決めるのは平和で良いですね。
しかし、この文章は和訳文章が酷くてかなり読み辛い内容になってます。ちゃんと調べようとしたらしかるべき文献を引く必要がありそうですね…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。