旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション62号「ぶらんこパズル」
2008年02月28日 (木) | 編集 |
パズルコレクション62久しぶりのパズルコレクション紹介。62号の付属パズルは「ぶらんこパズル」です。

中央にある大きなボールの順番を入れ替える(小小大または大小小にする)のが目的です。
★4のトポロジー紐系のパズルであり、一見不可能にも見える構造なので最初はちょっとてこずりましたが、色々と試行錯誤していくうちに解くことができました。
所要時間は20・30分ぐらいでしょうか。

パズルコレクションの紐パズルは、理論が分かれば成る程と思えるものが多く、総じて出来は良いですね。

雑誌記事は「数の魔法」と「へびとはしご」です。

「数の魔法」は、"111111111の2乗=12345678987654321"になるというような計算のアートや、難しい計算を早く解く暗算方法(特殊なケースのみ)、数式の証明にワザと分かりづらい誤りを入れて1=2などという錯誤的な結果を生じる、などの数遊びが紹介されています。

「へびとはしご」は、基本はすごろくゲームですが、へびの尾の絵柄を踏むと頭のコマまで戻されたり、はしごを踏むとその先まで進める、というワープ要素が含まれているのが特徴です。
この手のゲームは、古くから全世界的に見られ、「へびとはしご」自体は「モクシャーパタム」というインド発祥のゲームが元になっているらしいのですが、それに類似するゲームは古代エジプトやメソポミアにも見られる最古のゲームの一つに数えられています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。