旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション50号「オベリスクパズル」
2007年09月28日 (金) | 編集 |
パズル50パズルコレクション50号は「オベリスクパズル」。
立方体が組み合わされた14のピースを組み合わせて、写真のような塔を作成します。

★2つなので、簡単です。3分ぐらいで解きました。茶色と白の縞模様になっているので、それを考慮すればすぐに回答に辿り着きます。

円柱4本で固定されており、屋根の四角錐を上からしっかりとはめ込めるので、それなりに安定しているのですが、2つある立方体1個だけのパーツがボロボロこぼれてしまうのが欠点です…。

しかし、よく考えると50号で終わりなら、このパズルで終了だったんですよね?もしそうなら、かなりあっけなく思ったでしょうね(笑)

ちなみに、ここで言う"オベリスク"とは以下のことを指すのでしょう

Wikipedia出典:オベリスク


冊子記事は「ヤム」と「わたしがしたわ実験ゲーム」

「ヤム」は5個のサイコロで行うポーカーと思えば話が早いでしょうか。
1ペアや2ペア、フルハウス(22255など)やストレート(12345)などの役もあります。
一般的なルールでは2回まで好きなサイコロを振りなおすことができ、その3投で、できるだけ点数の高い役を目指します。

関連する話をすると、欧米には「ポーカーダイス」というものがあって、サイコロの面 に数字ではなくトランプの9、10、J(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング)、エースの目が描かれています。
飲み屋(パブ)などで、即席のポーカーゲームとして楽しむようです。
個人的に欲しいので、次に現地に行ったらぜひ購入したいです…。

「わたしがしたわ実験ゲーム」はタングラムと科学実験なので(以下略)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。