旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション49号「板チョコパズル」
2007年09月27日 (木) | 編集 |
パズル49パズルコレクション49号は「板チョコパズル」です。

長方形のタブレットで構成された大小様々な7つのパーツを敷き詰めて、写真のように、上手く箱に収めます。
難易度は★3つですが、この手のパズルは得意なので1分で解きました…。

パズルについては特に言うことも無いのですが、欄外のコラムに書いてあったチョコレートの話で「成分の一つであるテオブロミンは人間にはリラックス・疲労回復効果があるが、犬・猫は代謝できないので中毒を起こす」といったマメ知識が面白かったです。

冊子記事は「本のゲーム」と「わたしがしたわ実験ゲーム」

「本のゲーム」は辞書を使ったゲーム(イギリスでディクショナリと呼ばれている)を紹介しています。日本では「たほいや」と呼ばれていて、昔フジテレビの深夜番組でもやっているのを良く見ていました。

ルールは以下の通り。

1.親が広辞苑などで、誰も知らないような言葉を選び、その読み方だけを公開する
2.子は、各自その言葉の読みだけから意味を類推し、自分のメモに、いかにも辞書に書いてありそうな文章で書く
3.親はメモをすべて回収し、辞書に書いてあった本当の意味を交えて、すべてのメモを読み上げる(正解をどの順番に読むかは、親の駆け引きによる)
4.子は、親が読み上げた解答の内、正しいと思う物にチップを賭ける
5.正解者は、賭けた枚数と同じ数のチップを親から受け取る
6.不正解者は、選択した解答を書いた人に賭けたチップを払い、親にも1枚チップを払う
7.全員が親をやったら1ゲーム終了

このルールのうち、6番が面白いポイントで、子はいかにもっともらしい説明を考えられるかが、テクニックの見せ所になります。

ちなみに「たほいや」とは、"イノシシを追うために使用する小屋"という意味で、その名称のインパクトからか、日本でのこのゲームの代名詞となりました。

「わたしがしたわ実験ゲーム」は、タングラムと化学実験なので説明省略。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。