旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トミカ博&オリエント博物館
2007年08月31日 (金) | 編集 |
今日は前から予定していたトミカ博に行きました。

TOMY イベントキャンペーン

今回の内容は、~トミカぎっしり博。~というサブタイトルで、トミカを並べて作った車の絵やジオラマを展示していました。
他には新旧スカイラインの実車などがありましたが、前回イベントの緊急車両特集と比べると、うちの子の食いつきはいまいちでした。
(入場記念品の「TDMパトロールカー 」も、車と認識できない分、与えても遊ばなそう…。)

まぁ、それでもジオラマのトミカを見たり、遊べるコーナーで新商品の「すいすいETCドライブ」などでそれなりに楽しく過ごしました。

アトラクションゾーンコーナーは平日にしてはそれなりに混んでいたものの、5分待ちぐらいでチケットを購入できそうだったので、前から広告を見た娘が「これ乗りたいの」と言っていた「乗れるトミカ」(デパートの屋上にありそうなレールの上を走る遊具)にも乗りましたが、コース自体が短いこともあって、反応はいまいちでした。
「トミカつり」や、目の前でトミカを組み立ててくれる「トミカ組立工場」などは、もう少し大きくならないと遊べないでしょうね。

販売コーナーでは、ミニクーバーとスバル360のイベントモデルがあったので購入しましたが、なぜかプラレールの雪国レールセット(レールの色が白い)とクリアカラーの有蓋車(トミカを乗せて運ぶことができる貨物車両)があり、なかなか色彩的に綺麗だったので、一緒に購入してしまいました(こちらの方が荷物的にも金額的にも大きかったですが)。

トミカ博の後は、去年と同じくレストラン街の「卵と私」で昼食をとりました。
子どもには、お子様セットを注文しましたが、かなり美味しかったのか、いつも食が細いうちの子も、2/3は自分で平らげました。
私、初めてここでドリアを食べましたが、オムライス以上に美味しかったので、次回からドリアも選択肢に入れたいと思います。
しかし、去年まであった、"食品街でトミカ博半券を見せるとトミカ1台プレゼント"がなくなってしまったので、これはちょっと残念でした。

その代わり(?)に、商品街を走っていた魚をあしらった遊具電車(マリントレインというようです)を見つけた娘が「乗りたい!」と熱望したので、食後に到着を待って乗り込みました。最初は一人300円(二人で600円)は高いかと思ったのですが、一周8分ぐらいと、かなり長く走っていたので納得でした。娘も周りに手を振ったり、一緒に乗った中国人の姉妹に話しかけたり、と楽しんでいました。

その後は、私が前から行きたかった「オリエント博物館」に向かいました。最初は娘も連れて行こうと思ったのですが、場所が暗いせいか、ちょっと嫌がったので、一人で入場し、妻と娘にはその間トイザラスに行ってもらうことにしました。

オリエント博物館

オリエント博物館は、あまりスペースは広くないですが、展示説明が丁寧で見ていて、なかなか良かったです。客がガラガラなのでゆっくり見れるのもポイントですね(^_^;

特別展示では、夏休み企画でシリアの民族衣装を無料貸し出ししていたので、せっかくなので着てみました。ちょっと大きめだったので動きづらかったですが、着心地は日本の着物にも似ていて、なかなか良かったです。
ついでに女性が頭がかぶるブルカも試して見ましたが、前がほとんど見えず、足元を見るしかなかったので、歩くのに大変だと思いました。ちなみに学芸員さんは、実際に男性でブルカを試していたのは私が初めてと言ってました…。

帰りにはパンフレットとオリエント学の本を買いましたが、この博物館はなかなか気にいりましたね。もう少し気軽にこれる場所だったら、友の会に入るところですが。

さて、ここで30分ぐらい過ごしていたので、娘はかなり退屈していただろう、と心配してトイザラスに向かうと、娘は車を操縦するテレビゲーム展示でひたすら遊んでいたようです…。

その後も娘はトイザラスにて、アイロンの玩具、シルバニア、メルちゃん(着せ替え人形)、リカちゃん、乗れる車の玩具にことごとくひっかかりまくってました(なぜか、エジソンのお箸でも長い時間ひっかかってましたが)。おまけには私が手品グッズでひっかかって、四次元トランクをついでに買ってしまいました。

この時点で、すっかり疲れてしまいましたが、帰りには噴水に子どもがひっかかったり、アムラックス(トヨタ展示場)で抽選をやったりしながら、なんとか帰宅しました。

家についたころには、全員なかなか疲労困憊でした。うーん、最初の予定では、トミカ博だけなら疲れないと思っていたのに甘かったですね(汗)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。