旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション44号「たきぎパズル」
2007年08月04日 (土) | 編集 |
パズル44パズルコレクション44号は「たきぎパズル」です。

様々な溝がついた長方体を組み合わせて図形のようなたきぎを作ります。完成形は面白いですが、やはりありきたりなパズルです。この手のパズルは得意ですので、☆3つですが5分で解くことができました。パーツの噛み合わせが良く、中央を貫く棒には、上からブロックのパーツを刺して全体を抑えるので、一度完成すると崩れにくいのは良い点です。

雑誌記事は「目の錯覚2」と「わたしがしたわ実験ゲーム」。

「目の錯覚2」は41号の続きで、錯視の図形を紹介するものですが、前回よりもバリエーションが多く楽しめます。次回があるなら、更に高度な錯視を見せてほしいですね。

「わたしがしたわ実験ゲーム」はあなじみのタングラム問題集と実験ゲーム。
実験ゲームは絵の表裏を高速で回すと同一図形に見えるものと、ペンを高速で動かすと先が曲がって見える、という有名すぎてどうても良い感がある実験。正直、雑誌記事1ページ使ってこの2実験では腹が立ちますね(笑)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。