旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション41号「ソリティア」
2007年08月01日 (水) | 編集 |
パズル41かなり間が開いてしまいましたが、久しぶりのパズルコレクションです。41号は「ソリティア」。

まず真ん中の駒(ボール)を取ってゲームスタート。チェッカーやダイヤモンドゲームのように駒を飛び越すことにより駒を一つとることができ、最後に駒をひとつ残すことができたら終了です(最後の一つが真ん中だったら一番良い)。

4月以来の紹介になった理由としては、この「ソリティア」がなかなか解けなかったことにあります。難易度は☆4つですが、今までで一番苦戦しました。家の人は数回でクリアしていたので、出来る人には出来るのでしょうが、私はなんと3ヶ月も解くのに要しました。先週やっと解くことができましたので、溜まっていた次以降のパズルをやっと紹介することができます。

雑誌記事は「目の錯覚」と「わたしがしたわ実験ゲーム」。

「目の錯覚」はトリックアートなどの錯視を紹介しています。錯覚自体は大好きですが、黒四角の間に灰色の丸が見えるなど、有名なものが多いので、もっと一般に知られてないケースをやってほしかったですね。

「わたしがしたわ実験ゲーム」は頭の中で複数のピースを動かして図形をつくるゲームです。脳内でやるタングラムなのですが、実際に触らないとなかなか難しいですね。
もう一つはタングラム問題集。タングラム問題集はもうすでにかなりの数が出ていると思うのですが、いつまで続くのでしょうか?よくアイディアがありますねぇ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。