旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザッツ「アンジャッシュ」メント
2005年09月30日 (金) | 編集 |
音声ボタンの押し間違いからピーポー君が毒舌キャラに変身するコントでお馴染みのお笑いコンビ「アンジャッシュ」。

以前から好きな芸人でしたが、yahooブックスのコンテンツにあった「ザッツ「アンジャッシュ」メント」の紹介記事を読んで更に好感を持ったので、本を買ってきてしまいました(本棚が狭いので、最近、新書は買い控えていたのですが……)

こういう展開が緻密で複線などが練られているコントって良いですよね。
最近は、勢いやインパクトのある一発芸的なネタや、キャラの特異性を売りとする笑いが全盛で、私も嫌いではないのですが、ある意味、一種の流行物であると思いますので、数年後に振り返って同じように笑えるかというと疑問が残ります。
それに対してドリフのネタが今でも笑えるように、苦心の上に積み上げられた完成度の高いコントというのは、落語のように時を置いても色あせない力があると私は考えていて、そんなネタを重視している芸人はつい応援したくなります。

それに紹介文を見て一番感心したのが、二人がコントに対して拘りを持っていて、日々精進していること。
才能があれば姿勢などどうでも良いや、とも思いますが、やはり私は、自分の芸に愛情を持っている人の方が好きになる傾向があるようですね(お笑いに限らず)。

この本に関しましても、二人の拘りが全面に出ており、吹き出しや写真を上手く使った構成で、難しいと思われたコントの持つ雰囲気を紙面に表現しています。
もうちょっとボリュームがあるか、値段が安いと更に良いのですが(^-^; なかなか満足した一冊でした。

コメント
この記事へのコメント
お笑い好きの私としては、「笑いの金メダル」も「エンタの神様」もよく見てるので。
アンジャッシュのネタも面白いなぁと思ってたよん。
「うまくできてるなぁ」と思わせつつ、ちゃんと笑いもとれるってのは、彼らの才能なんだろうね。
最近、私は南海キャンディーズを応援してるけど、ぐんまさんは、南キャンのネタは知ってるかしら??
あのさ、ちょっと聞くけど、27日にフジテレビで21時半から放送されたドラマって見てた?→小○○な女になる方法っていう…。
2005/10/01(土) 20:27:00 | URL | れいこ #79D/WHSg[ 編集]
南海キャンディーズは当然知ってますよ。奥さんがファンで、私も好きです。
不条理系のネタが多いですけど、構成などがちゃんと練ってあって、意外と安定感があるのが好感を持てます。
しずちゃんのキャラクターにどうしても目がいきますけど、山ちゃんの突っ込みやネタ作りがポイント高いですね。元はボケだったとは思えないぐらい堂に入っていて、いろいろと勉強してるんだなぁと感心してます。
フジテレビのドラマは見てないですね。というか最近は、テレビを見る時間が取れないので、極力、視聴する番組を減らしてます(^-^;
ドラマのスペシャルは時間が長いので、なかなか見れない……。
2005/10/02(日) 00:25:00 | URL | ぐんま@群馬 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。