旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション39号「タングラム」
2007年04月11日 (水) | 編集 |
パズル39パズルコレクション39号の付属パズルは「タングラム」。
三角や四角など、大小様々な7つパーツを組み合わせて規定のシルエットの形を作ります。例題ではキツネやヨットなど8パターンありますが、冊子にもラクダやクマなど15パターンの例題があるのでやりがいはあります。
私もまだ半分ぐらいしか解いてないので、そのうち全部クリアしたいと思います。

また特筆すべき点としてパズル自体の出来が今回かなり良くて、色合いの良く、いつもあるようなボンドのはみ出しなどもありません。各パーツも綺麗に面取りしてあるので、うちの子も積み木代わりに遊んでいます。いつもこれぐらいの完成度だと嬉しいんですけどね。

冊子記事は「ローマのゲーム2」と「タングラム問題集」。
「ローマのゲーム2」は1で紹介したようなおもちゃではなく、ルールのあるゲームについて説明しています。
石蹴りや球技、バックギャモンの元祖となるような競争ゲームなど、様々な遊びがあり、ゲームの歴史の奥深さを感じさせます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。