旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション特典「アウェレ」
2007年02月20日 (火) | 編集 |
アウェレパズルコレクションで1号-10号までの応募券を送ると、特典でもらえるのがこの「アウェレ」です。

個人的には「マンカラ」と呼ばれた方が馴染みがあるのですが、地域によって呼び名が色々あるようです。
マンカラ(エジプト)、オワレ(ガーナ)、ガバタ(エチオピア)、バオ(タンザニア、マラウイ)など…。

時計回り(または反対)に石を移動することで、相手の石を取得するというところは、サイコロを使わないバッグギャモン(レースゲーム:雙六)のような雰囲気ですが、原型は歴史は古く、紀元前15世紀のエジプトで発生し、アフリカに広がったという由緒あるゲームです。
カードでもダイスでもないボードゲームが今まで生き残っているというのが凄いですね。
石(または種)と盤があればできるので、取り立てて道具が必要ないという点もすばらしいです。

詳しいルールなどは以下を参照。

○wikipedia
マンカラ

○Kの遺産(個人サイトですがリンクフリーなので)
クラシックゲーム→マンカラとリンクを移動。
Kの遺産

ちなみに写真では大きく見えますが、実際は縦24.5cmという小ささです。
実際にやってみたいけど、時間がかかるし、子どもに石を取られるから、なかなか出来そうにないですね。

(ちなみに別称であるオワレとはガーナのアカン族の言葉で「結婚する」という意味のwariから生まれました。二人で行われ、一度はじめると長く続く様子からつけられたのかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。