旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーエッシャー展
2007年01月09日 (火) | 編集 |
以前ブログでも紹介しました、渋谷bunkamuraで開催している「スーパーエッシャー展」を見に行きました。

今週の土曜日(1/13)が最終ですが、その日は都合が悪いし、その前の日の金曜日(1/12)は21:00までやっているのですが、最後の閉館延長日ということで相当に混みそうなので、意を決して本日、会社が終わってから行くことにしました。

通常は19:00閉館なので、仕事を急いで終わらせ、何とか18:00ころにbunkamuraに到着することができました。

よって、正味は1時間ぐらいしか見ることはできなかったのですが、会場には新旧取り揃えた相当数のエッシャーの作品が一同に介しており、好きな人にはたまらない内容でした。特に、だまし絵以前となる初期の作品や南イタリアを書いた風景画を見れたのが良かったです。しかし風景画を見ると分かりますが、エッシャーの木版は本当に細かいですね…。

混み具合は、それなりに賑わっていましたが、平日夜なので少し列に並べば間近で絵を見ることができました。年齢層は女子高生からお年よりまで幅広く、エッシャーのファン層が広いことを示しています。

販売しているカタログがライトユーザ向けのせいか、やや印刷が荒く説明が少ないのと(その代わり安価で、紹介されている作品点数が多い)、夜遅くなったので、説明用として配布しているニンテンドーDSを借りられなかったのが残念ですが、それ以外はかなり満足した展覧会でした。

もう一度行きたいけど、もう行ける余裕はないだろうなぁ。

スーパーエッシャー展サイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。