旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つじライブ「サマーカクテル」(後編)
2005年08月20日 (土) | 編集 |
0209acc5.jpg二部は、師匠自身の曲です。一部を通したせいか、かなり緊張が解れてきたようです。MCでは、オリジナルカクテルに触れ、なぜか「ゼリーエース(ゼリーを凝固させるやつ)は良く固まる」を強調していました(謎)。

07.風になる
08.クローバー
09.恋のささやき
10.雨音

映画主題歌でお馴染みの"風になる"はアコースティックバージョン。ライブで聞くのはこっちの方が好きかも。"クローバー"はイントロがキーボードでアレンジしてあって格好良かった。"恋のささやき"はライブでは初めて聞いたような。で、その次が「久しぶりに歌いたかったから」という理由で"雨音"。寒い季節のお思いっきり暗い曲ですが…? 師匠のライブ選曲は謎なことが多い(汗)。

11.太陽に隠れてる
12.月

ここからはウクレレ1本の弾き語り、「夏は苦手だけど、これは珍しい夏の曲」として始まった"太陽に隠れてる"は初期の結構レア曲。次の「月」は新曲(以前にもライブで一度やったかな)で、次のCDには入るとのこと。

13.君が好きです

ここからは、また3ピースに。"君が好きです"もライブでは初めて聞くかな…?

14.Shiny Day
15.愛の真夏
16.虹

終盤になってアコースティックギターが参加。今までギターが追加されなかったのはウクレレと音域が重なるから…?"Shiny Day"はエレキ曲だが、アコギで雰囲気を出したアレンジになっていた。"愛の真夏"は私的に好きな曲。でも本人は夏の曲は苦手で、何回も海を見たり、夏の楽しさを考えたりして作詞を練ったとのこと。"虹"は連れが好きな曲。弦で引くベース音が印象的。

17.たんぽぽ
18.春風
19.いつまでも二人で

ウクレレ弾き語りのアンコールは1曲の予定だったが、本人の「短いような気がする」という声で、急遽、観客に聞きたい曲をリクエストして貰う。流石に何でもできるという訳ではないようでしたが、何回かの「う・ん」という思案の後、ライブで演奏する回数が多い"たんぽぽ"と前回のライブで演奏した(らしい)"春風"で決定。しかし、ちゃんとリクエストに答えてくれるのは凄い。個人的には"春風"は弾き語りバージョンをやってくれたのも嬉しく、今までじっくりと聞いていた会場から手拍子が起こったのも暖かい感じで良かったです。しかし夏がテーマなのに、思いっきり春の曲が多いセットリストだなぁ。
終了後は売店(と言うより受付)で、つじデザインの猫の絵柄入った水色Tシャツを購入しました。写真はどういう関係か、飾られていた「仲間由紀恵」名義の花。休業中の鬼束に変わって、"トリック"の主題歌を歌うのか?(ありえへん…)。

帰りはあまりにも暑いので、代々木駅まで歩く予定を信濃町駅で断念。
以上、十二分に行った甲斐のある楽しいライブでした。四季にあわせて秋にもライブがあるようなので、また行きたいですね(次は会場が京都あたりになりそうな気がするけど…)。
(終わり)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。