旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つじあやのワンマンライブ"はじまりの時"
2006年10月25日 (水) | 編集 |
先日(10/23)、つじあやののワンマンライブに行ってきました。

場所は「SHIBUYA DUO MUSIC EXCHANGE」。渋谷から徒歩10分ですが、当日は大雨で大変でした。しかし台風だったデリコのAXに比べれば天と地の差ぐらいありますが…。

DUOは初めて行った会場ですが、おもいっきりホテル街の中にあるライブハウスです。ライブハウスなので立ち見かと思ったら、チケットを見ると指定席とのこと。入ってみると、ちゃんと椅子が並べられていました。

しかし狭い会場に椅子が密集しているので、かなり狭い……。しかもプラ椅子で硬いので、お尻が少し痛くなりました。あと、ドリンクで飲んだカシスグレープフルーツがなかなか美味しかったです。

セットリストは以下のとおり。
新ミニアルバム「はじまりの時」の6曲はすべてやりましたね。
今回のバンドはベース、チェロ、ドラム、キーボード、ウクレレの5人編成でした。

1.Fly High
2.クローバー
3.チキンハートをけとばして
4.ありきたりなロマンス
5.そばにいるから

(弾き語り)
6.ダーリン(新曲)
7.猫になりたい(スピッツのカバー)
8.アイムハッピー

9.忘れないで
10.Bathroom
11.風になる
12.はじまりの時
13.パレード(山下達郎のカバー)
14.星降る夜のクリスマス
15.さよなら愛してる(新曲)

アンコール
16.たんぽぽ潤`みんなでウクレレ編潤`

(弾き語り)
17.君にありがとう
18.真夜中の散歩道(新曲)

今回は珍しく開始時間が15分ほど遅れました。さすがに1時間以上待つと座席でもちょっと辛いですね(デリコは立ち待ちで1時間とか余裕でありますが)。

時間がおしていたせいか、最初は、つじ師匠は登場してから、いきなり連続で曲を演奏しました。
最初の曲は珍しく定番どおりアルバム1曲目から「Fly High」。続けてノリが良い曲を連続してやりました。
会場がせまく、観客もまだ冷えている状態だったので、いまいち会場が盛り上がらなかったのが勿体無かったですが、つじ師匠の調子もよさそうで、ボーカル、ウクレレともに冴えを見せていました(そばにいるから、ラストの高速単音弾きが微妙にミスっていましたが、それもご愛嬌)。

その後は、余裕がでてきたのかMCを交えた穏やかな展開になり、会場も和やかな雰囲気になりました。うんうん、つじライブはこうでなくては。

セットでは12月に出るシングルである新曲「ダーリン」「さよなら愛してる」の2曲とも先行で披露。「さよなら愛してる」はライブではちょっとPAがハウリングを起こしていたのが残念ですが、なかなか名曲の予感。CDが楽しみです。

MCでは、Bathroomで、お風呂で好きな人を想うイメージで書いた、という艶のある話の後、いきなり「トンカツを食べる会」の話題になったのが笑えました。

また、アンコールの「たんぽぽ」では、5人のメンバーが全員ウクレレで演奏するスペシャルバージョンだったのですが、次の機会では観客をまじえたウクレレ大会がやりたいとの発表があり盛り上がりました。なかなか楽しそうな企画ですね潤`。
それにつれて、「つじウクレレ」を発売する予定だとか。どれぐらいの価格で発売するんでしょうね。値段によってはぜひ買いたいです。

最後は、完全な未発表曲の「真夜中の散歩道」をやって終了。充実した2時間でした。

やはり、つじ師匠のライブは楽しいです。また行きたいなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。