旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション23号「ミステリアスボール」
2006年08月15日 (火) | 編集 |
ミステリアスボール久しぶりのパズルコレクションですが、実はこの23号が売り切れのため店頭になく、本屋に取り寄せしてやっと手に入れたということがありまして、記事を書くのが遅れました。
やはり16号・18号、20号あたりが詰まらなかったから入荷数が減ったのでしょうか…?このままだと店舗から姿を消しそうでなかなか不安であります。

で、今回の付属パズルは「ミステリアスボール」という球形のパズル。一見、組み木パズルのようにも思えますが、実際は長方体と円柱のパーツをある組み合わせで動かさないと分解できない、という錠前外しにも似た変わったパズルです。
パーツ自体はシンプルなのですが、かぎ状の形状が上手く組み合わせっており、適時、丸い棒を押したり引いたりしないと、四角いパーツを抜き取ることができません。
妻はなぜか一瞬で解きましたが、私は半日かかりました。分かれば簡単なのですが、他に類を見ないのでなかなか手ごわかったです。

冊子体の特集は「バッグギャモンのバリエーション」と「トランプのショートヒストリー」。両方とも小ネタな感じですが、中世の裕福層におけるトランプの意義などはなかなか興味深かったです。

次回と次々回も既に解いているので、近々アップします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。