旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年ワールドカップ9
2006年06月30日 (金) | 編集 |
トーナメント1回戦の結果が出揃いました。
強豪国が勝ち進む、まれに見ぬ王道な展開になっていますが、お陰で今年はとても面白い展開になっていますね!

ドイツ      ━━┓
スウェーデン ──┘
アルゼンチン ━━┓
メキシコ    ──┘
イタリア    ━━┓
オーストラリア──┘
スイス     ━━┓
ウクライナ  ──┘
イングランド ━━┓
エクアドル  ──┘
ポルトガル  ━━┓
オランダ   ──┘
ブラジル   ━━┓
ガーナ    ──┘
スペイン   ──┐
フランス    ━━┛

今日から2回戦が始まりますが、なんといっても最大の見所はドイツvsアルゼンチンでしょう。両方とも好きなチームなのでどちらかが消えてしまうのはとても残念です。せめて準決勝なら3位決定戦があるので、多く試合が見れるんですが……。
双方とも攻撃力あるチームですが、ドイツが剛、アルゼンチンが柔という感じなので、どのような対戦になるのか楽しみです。

もう一つの注目は、フランスvsブラジルです。衰えたとは言え、最高の選手ジダンはブラジル相手にどのような試合を見せるか?!
ブラジルが勝つとは思いますが、ジダンには負けて欲しくないので応援しています。

イタリアvsウクライナは、欧州最優秀選手(バロンドール)にも輝いたウクライナのシェフチェンコが復活するかがポイントです。イタリアは固い守備なので、そう簡単には点が入らない試合になるでしょうか。

イングランドvsポルトガルは、互いにベッカム、ジェラード、フィーゴ、C・ロナウドなどスター選手が揃っていますが、それよりもチーム力が勝敗を分けそうです。
比較的コンディションが良いイングランドが有利ですかね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。