旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つじライブ「サマーカクテル」(中編)
2005年08月19日 (金) | 編集 |
719313a8.jpg今回は二部構成で、一部は「カバーコレクション」。
カバー曲中心ですが、今までカバー集CDやライブでも発表していない曲を演奏してくれました。いつもと雰囲気が違い、客席が思いっきり近い(先頭から3mぐらい?)ので、ちょっと本人は緊張気味。
セットリストは以下の通り。

01.きっと言える/荒井由実
02.朝日のあたる道/オリジナルラヴ
03.Haven't We Met/KENNY RANKIN
04.都会/大貫妙子
05.休日ダイヤ/キリンジ
06.涙のキッス/砂山オールスターズ

しかし、つじ師匠の音楽嗜好の幅は、古今東西を問わず結構広いですね。正直、ウクレレなしの曲は物足りない感じがするのですが、ウッドベースとキーボードのみのシンプルな構成と、通りが良い師匠の声で、知らない曲でもすっきりと聞かせていて好印象でした。3曲目は知らない曲だったので、英語歌詞をなんとか覚えて、後で頑張って調べたのですが、次の日見たらあっさり師匠のブログに載ってました。ちょっと悲しい(^_^;

ここで一部終了、昼休みになり、隣室で食事となりました。サンドイッチがしっとりしていて凄い美味しかったですが、なんせ数が少ない(多分、食べられなかった方も多いでしょう)。ライブ終了後はかなりお腹が空いていたので、果物のシャーベットより、こちらを用意して欲しかったかも…。つじ師匠が考案したというオリジナルカクテルは葡萄風味の綺麗な青色で、中にタピオカやゼリーが入っていました。

中庭を見ると和装の花嫁と親族が歩いていたりする長閑な景色です。外で式典が執り行われていて、雅楽が流れるなど、普段の夜遅い時間に興奮状態で待つライブとは、かなり赴きが異なります。しかし、今日、結婚式を行った方は良い天気にも恵まれ、幸運でしたが、花嫁はかなり暑かったでしょうね…。(写真は開演前の会場)

(次の日へ続く)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。