旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年ワールドカップ4
2006年06月17日 (土) | 編集 |
6月16日金曜日に行なわれた試合によって、「死のグループ」と呼ばれたCグループの生き残りが決定しました。

アルゼンチン対セルビア・モンテネグロは6-0でアルゼンチンの圧勝。
アルゼンチンを応援していた私ですが、予選リーグで1失点と鉄壁の守備をしていたセルビア・モンテネグロにこれだけの得点を挙げるとは思っても見ませんでした。余裕があったせいか、期待の新鋭メッシが出場し、初ゴールを決めるオマケまであって、内容的にはアルゼンチンのための試合でしたね。
今回のアルゼンチンは優秀な攻め手による波状攻撃が時折見られ、本当に攻撃力のあるチームになっていると思います。鋭い攻撃型のチームが好きな私には堪りません。

オランダとコートジボワールは、2-1でオランダの辛勝。
夜寝てしまって、試合は見ていないのですが、コートジボアールの身体能力にオランダはかなり苦戦したようです。コートジボワールは初出場ながら、なかなか健闘しましたね。他のリーグだったら十分決勝進出するチャンスがあったかも…。オランダは2点目のファンニステルロイが流石の動きを見せていました。

攻撃力のあるアルゼンチンとオランダの対戦は1・2位決定のみの試合とは言え、かなりの名勝負が期待できそうです。


今のところ決勝トーナメント進出が決まっているは、以下の通り。
・Aグループ エクアドル、ドイツ
・Bグループ イングランド
・Cグループ アルゼンチン、オランダ

グループDとグループEは、今やっている今日の試合の如何によって、決勝進出チームが決まりそうですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。