旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年ワールドカップ2
2006年06月12日 (月) | 編集 |
どのチームが勝ち残ってもおかしくない、通称「死のグループ」と呼ばれるCグループの戦いが始まりました。

アルゼンチンvsコートジボーアールは、2・1でなんとかアルゼンチン勝利。アルゼンチンを応援している私はちょっとほっとしました。

アルゼンチンの得点は、リケルメFKの混戦からクレスポが得点するという、アルゼンチンらしい泥臭いゴール。追加点は一転して、リケルメの芸術的なスルーパスがDF陣を切り裂き、サビオラがゴールという理想的な形。本当にリケルメはいい選手ですね(守備をまったくしないという致命的な欠点がありますが)。

しかしコートジボーアールの試合を見るのは初めてですが、身体能力に加え、粘りがあるプレイが凄い。経験の差か序盤で2得点をとったアルゼンチンが勝利を得ましたが、場慣れしていたコートジボーアールが相手だったらもっと苦戦していたかも。緒戦でコートジボーアールというのは恵まれていたのかもしれせんね。

正直、コートジボーアールがここまで強いとは思いませんでした。さすが、前大会ブレイクしたカメルーンを破って出場を決めただけはあります。

オランダvsセルビアモンテネグロの予選無敗対決は、ロッベンの活躍もあり、1・0でオランダの貫禄勝ち。互いにチャンスはありましたが、決定打に欠けた試合でした。

しかし、オランダvsアルゼンチンが地上派で流れないのは非常に惜しい。BSに加入するのはさすがに無理ですからね…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。