旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod shuffleを買った
2006年05月27日 (土) | 編集 |
今日、K's電気に行ったときについに「iPod shuffle」を衝動買いしてしまいました。

以前から、iPodシリーズには興味があり、iPod nanoを欲しいと妻とは話していたのですが、どれだけ使うかは未知数だったので今までは保留にしていたのです。

ところが、K's電気でふいに「iPod shuffle 512MB」を見ると、色々な割引付きで7,125円(税込み)。しかも、ハードケース(PDA-IPCD10CL)付き!
これはお得だと思い、その場で決断して購入しました。

なぜ、iPodnanoなのではなく、shuffleなのかというと、取り合えず、私のジム通いの時に聞くプレーヤーとして使用したいという用途があるからです。
この場合、nanoだと間違って液晶を傷つけたりしたら大損害なのですが、shuffleなら壊れにくいし、何より値段が安いのでリスクが少ない。
しかもBGM的な使用法なので、音楽情報表示や音楽選択操作が貧弱なshuffleでも必要十分な性能なのです。

iPodnanoを買うための判断材料にもなるという理由もあって、今回は悩む要素はあまりありませんでした。後で調べてみると、ハードケースも平均価格が1,276円ぐらいなので、結果的にかなり良い買い物だったと思います。

conneco.net シャッフルハードケース 価格比較

ちなみに1Gタイプ(約240曲)も11,900円でありましたが、市販と比べて特に安くはなく、今回の用途では512MB(約120曲)で十分だと考え、選択からはずしました。逆にnanoだったら最大の4Gを買う予定です。

帰ってから、ためしにデリコの曲44曲をshuffleにダウンロードしてみると、5分以内で終了するので、思ったり早くなかなか快適。バッテリーの持ちは12時間と書いてありますが、充電時間などを含めて、それらはこれから検証しこうと思います。

ただひとつだけ不満なのは、ハードケースをプレイヤーにつけると、shuffle付属のストラップが使えなくなることです。別売りものなら使えるらしいですが、付属のストラップが使えないというのは微妙に勿体無い……。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。