旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズエッセイ「語源のたのしみ」
2006年05月14日 (日) | 編集 |
以前、妻に英語で列車を「train」、身体を鍛えることを「training」というが、一見、関係ないように思えるこの二つの言葉が同じなのは何故か?
ということを聞かれましたので、ちょっと調査してみました。

そこで見つけたのが、神田外語大学サイトにある:石井米雄教授によるシリーズエッセイです。

石井教授によるシリーズエッセイ「語源のたのしみ」

ここは英語の語源について、毎回解説している面白いサイトで、この69回目に例の「train」の説明があります。
詳細はサイトを参照して欲しいですが、簡単にいうと、ラテン語のtrahere「引きずる」から変化して、「列車」「訓練する」という意味になっていたようです。

なかなか勉強になります。これでエッセイのタイトルが一覧になっていると最高なんですけどね。まあ地道に他の記事も読んでみたいと思います。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。