旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション11号「登山家のリング」
2006年01月27日 (金) | 編集 |
登山家のリング恒例のパズルコレクション。今回の付属は「登山家のリング」という、紐を使った知恵の輪系のパズルです。目的はリングを台から取り外すこと。
★5つということもあり、かなり苦戦を強いられまして、解くのに1週間もかかってしまいました(あまり集中してやる時間がなかったということもありますが…)。

構造としては、「リングは、台座にあるU字アーチ内とボールは通れるが、紐の先端にある円盤は通すことができない」「紐の途中にあるボールは、リング内は通れるが、アーチ内を通すことはできない」「紐の先端にある円盤は、U字アーチは通れるが、リングを通すことができない」ということになっているのですが、パズルの精度が悪いせいか、ある角度で入れると簡単に、リングが円盤から抜けてしまいます(^_^;
まあ、紐が絡まってしまった時などに強制的に外すことができるのは便利なのですが、普通にやっても外れる場合があるので、これは何とかして欲しかったです…。

冊子記事は、ビリヤードの歴史と折り紙ゲームについて。ビリヤードはカードゲームやパズルなどとは毛色が違うように思えますが、先の先まで考えて玉を運ばなければならないところはパズル的ですかね。そういえば最近ビリヤードやってないですね。そのうち遊びに行きたい…。

また、インターネットで遊ぶことができるパズルという企画もあったのですが、これはまだ手を出していません。やる時間があるかなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。