旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀江社長逮捕
2006年01月25日 (水) | 編集 |
最近、このニュースばかりですが、逮捕されたと聞いたときはさすがに驚きましたね。

私はライブドア信者でもなんでもないですが(むしろ堀江社長は苦手なキャラクターです)、現役バリバリの会社の社長が、罪状も不明瞭な段階で、こんな唐突に逮捕がくるとは予想だにしていませんでした。

検察側にとっては、証拠隠滅や隠匿、はたまた自殺や殺害なども懸念した上での拘束かもしれませんが、現状、表に出ている「偽計取引」「粉飾決算」「風説の流布」などの内容では新聞やネットを読み限りではグレーゾーンぎりぎりの証拠のみ挙がっているというところで、通常だったら逮捕はまだ先のように感じるのですが、今回は総合的な判断や市場の都合なども考え合わせた上でアウトになったのかもしれません。
または、検察が内部告発などで表にでてない情報(脱税とか)を掴んでいるというところですかね……。

いづれにせよ、裁判を含め、全てが終わったらしっかりと内容を世間に公開し、グレーゾーンを作ってしまった市場の欠陥を正して欲しいと私は思います。
このままグレーゾーンを残したまま逮捕されるか逮捕されないか分からない状態でしたら、他の企業化は萎縮するのみですし(私には関係ない話ですが(笑))、全てをきっちりと定めることはできないとしても、ある程度の枠組みは再構築されるべきだと考えますね。

しかし、テレビや新聞では、そのあたりの違法・違法ではないという論議はほとんど成されてないですね。現状出された資料をこねくり回しているだけで(宴会シーンの放送なんかいらん)…。26日の朝日新聞の天声人語なんか酷いもんです。首相との個人的な遺恨や責任の押し付けとしか思えない文章だし、昔はもっとためになったコーナーだったはずなのになぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。