旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームマーケット2017春に行ってきました。
2017年05月22日 (月) | 編集 |
ゲームマーケット2017
今年も妻と恒例のゲームマーケットに行ってきました。
何かこの前にゲムマにいったばかりような……日が経つのが早いですね。

長女はここ数日、部活や勉強に忙しくヘロヘロだったので休ませることに。
大きくなるにつれ一緒に行動するのが難しくなってきました。

前日は雨でしたが、この日は曇りながら安定した天気。
海風はやや冷たく、上着の選択に悩む陽気でした(会場内は暑いですし)。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
 
今回も早起きして朝の待機列に並びました。
気候は快適でしたが、4列→10列といういきなりの隊列変更や、密集した場所での待ちで多少くたびれました。
毎回会場が変わるので難しいところがあるのでしょうが、今回は手際がイマイチな印象です。

ゲームマーケット2017_1
今回の会場は東1・東2。
エリアは四角で、前回のように部屋分かれもないので見通しが良いです。
居場所を伝えやすい風船も前回に引き続き設置されていました。

通路のスペースも広々で歩きやすい感じ。
ただ碁盤の目のように通路が通ってないので、そのあたりはちょっと迷いやすかったですかね。


ゲームマーケット2017_2
朝一の目的は、妻が気になっていたノスゲムさんの「マムマムマーガレット」……なのですが11個しか販売しなかったということであっという間に完売。12000円が瞬殺とは驚きです。
ツイッターを見ると朝6時半には並ばないと買えなかった模様で諦めもつきますね(汗)

展示品を拝見しましたが、ウッドバーニングと色鉛筆で丁寧に手作りされていることが分かる素晴らしい作品。
工芸品の出来だけではなく、ルールを読む限りゲームも面白そうな感じです。

ゲームマーケット2017_3
売り切れは残念でしたが、代わりにブローチを購入。
優しい色合いが素敵です。
少し悩んでからブースに再度向かったため、残りわずかだったらしくギリギリでした。

一方、私は一年中未来さんで「1回しか遊べない」という噂の謎ワードゲーム 「コトバアワス」を買い、次にカナイさんが朝ギリギリで間に合わせた「文絵のために」を購入。

前者はあまり謎なので興味負け(笑)。
後者はカナイさんのプロトタイプなのでマストバイです。
製品版と比べると粗削ではあるのですが、これを作りたいという念のようなものを強く感じるのですよね。
評判もかなり良いようなので遊ぶのが楽しみです。


ゲームマーケット2017_4
次に妻が向かったのは、しらたまゲームズさん。
ゲムマでは貴重な犬ゲーである「おすわりしらたまβ版」をゲット。
私は猫派ですが、ゲムマは猫ゲーばかりなので、犬ゲーは大いに気になります。

帰ってから遊びましたが、可愛い絵柄に反して切れ味鋭い内容でした。
妻はグッズのシュガーポットも気になっていたらしいのですが、使う機会がなさそうなので断念していました(後で買えば良かったかな、と言ってましたが)。


ゲームマーケット2017_5
しらたまゲームズさんでは密かに(?)チロルチョコとシールを交換してもらえるプチ企画が行われていました。
それを事前に知った妻もしらたまさんシールを無事ゲット。
コンビニで購入したのですが、揚げバナナ味とかあるんですね(バナナチップが入ってます)。
チロルチョコの世界は奥が深いです。


ゲームマーケット2017_6
毎回楽しみにしているコトノハゲームズさん。
いつもは他を回ってからゆっくり行くのですが、今回は「謎解きマグカップ」という数が少なそうな品物があったので早めに向かいました。
おためしプライスとは言え1200円は安すぎでは……?
相変わらずの可愛さなので、誰かが所有すると他の家族からブーイングがきそうです。

ちなみにまだ謎は解いてません。意外と難しそう?
おとぎだまクリアファイルも先着特典でもらえましたが、無料でいただくのが悪いぐらいのクオリティです。


ゲームマーケット2017_7
同じくコトノハゲームズさんの試遊ゲーム「SAN分間クトゥルフ」。
私は少しだけ、妻はまったく知識がなかったのですが、クトゥルフとは思えない可愛い絵柄が気になって遊ばさせてもらいました。

プレイヤーはシナリオの分岐で「正気」か「狂気」を選択するのを3回行うだけ。シンプル!
少数派だけ点数が入るのですが、「狂気」を選ぶとSAN値が減り、「正気」はダイスによるSANチェックで減る可能性があります。
シナリオは多数派の状況に進み、エンドが「世界滅亡」の時は正気を失っている人が勝ち、それ意外は得点が高い人が勝ちです。

私のキャラクターはポ○モンマスターならぬ神話生物マスターとショゴスのコンビ。
妻はニャル子さんっぽいキャラとイスの偉大なる種族。
性能はフレーバーやロールプレイの手助けだけの意味で、内容は一緒です。

ゲームはなぜか妻と序盤から選択肢が一致し、NPCがその反対になる展開。
結果、世界滅亡で敗北と相成りました。
いきなりSANを0にするのは難しいので最初から狂気に走るしか勝ち目はなかったかー。
ガチで戦う感じではないですが、お手軽にRPGが出来て良い感じですね。


ゲームマーケット2017_8
前回、展示だけしていた酒魅人ですが、今回は正式販売。
多人数推奨の競りゲーなので我が家ではどうかと思ったのですが、デザインに負けて購入です。

酒を模したボックスのこだわりが最高of最高ですが、ゲムマの持ち運びには不便(笑)
木箱も魅力的ですが、個人的には紙箱のデザインが好きですね。


ゲームマーケット2017_9
他にもいくつかのブースで前情報がない作品のルールを聞いたりしましたが、購入にはいたらず。
その場で聞いても詳細はわかりづらいので、面白いポイントがまとめられていると助かりますね。

VRを使ったファミ通のゲーム「ウルタールの化け猫」と、缶詰工房さんの美しい世界観のボードゲーム「ひとしずくのせかい」も試遊したかったのですが、タイミング悪く席が空いている時に来ることができませんでした。

写真はネコSHOGIバトルのきぐるみ。可愛い。
カードを使った特殊将棋のようですが、我が家では残念ながら将棋はまったく流行らなかったのですよね……。

以上、今回のゲームマーケット訪問でした。
謎解きやらないので時間あるかと思ったのですが、まったくなかったです。
秋は初の2日開催なのでどうなるか未知ですが、もっと綿密に計画をたてないとですね。

後、予約品の回収がどうしてもメインになっているので、当日の出会いをもっと大切にしたいですね。
今回はスゲさんと、売り子をされていた長谷川さん、おさむさんをお見かけしたぐらいでした。
作品は(ゲームではありませんが)妻が見つけた「Slit Animation」という、スリットをスライドすると下の画像がアニメーションするアイテムが面白くて購入しましたが、こういう予定外も増やしたいところです。


最後に買ったもの一覧です。簡単に名称のみで。
ゲームマーケット2017_10
文絵のために、コトバアワス、コードネームピクチャープロモ、8ビットモックアップ+拡張、最上川、チップ★選択ルール、プラネトリコ、TOKYO HIGHWAY+拡張、酒魅人

ゲームマーケット2017_11
可愛い+妻枠です。おすわりしらたま&シール、東方数天録(長女へのお土産)、猫タワー、ハリネズミくんのラブレター、QR神経衰弱、マムマムマーガレットブローチ、コトノハ謎解きマグカップ、おとぎだまファイル・追加シナリオ、クレルソンと夜明けの展覧会、Slit Animation
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。