旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
「ゲームマーケット2015秋」に行ってきました
2015年11月23日 (月) | 編集 |
ゲームマーケット2015秋
何かと慌ただしい昨今ですが、無事ゲームマーケット秋に行くことができました。
今回は妻に加え、長女が初の参加です。

長女の目的は会場で行われている謎解きゲーム。
私はブースも見て回りたいし、予約品の受け取りもあるので時間の使い方が難しそうです。

当日は曇りながら雨の心配はなさそう。肌寒いので心持ち厚着で出発しました。
電車で8時44分頃に国際展示場駅に到着。ビッグサイトの2Fエントランスホールで朝食にしました(食べたのはコンビニおにぎり)。
いつもなら、8時着で朝食もほぼ食べずに並ぶのですが、流石に子連れで無理はできません(汗)

ちなみに小学生以下は保護者同伴で入場無料。高校生以下は学生証の提示で入場チケットが無料になるので助かりますね。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 

食事前にツイッターを見た時は「1000人ぐらい」と流れていたので、9時過ぎに並んだ私たちは1100人ぐらいだったかもしれません。
その後もみるみる人が多くなり、列のそのまた向こうに列が出来ていた、という感じでした。
最終的には2000人以上が並んでいたのではないでしょうか(TGiWの記事によると何と3000人だった模様です!)。

待機列が外から室内(東展示場への連絡通路)に移動した時間帯だったので快適でしたが、この位置だと入場するまで11分かかりました。
進行方向に階段があるため必然の対応なのですが、拍手と共に入場できないのは少し寂しかったですね。

ゲームマーケット2015秋_1
延々と通路に続く待機列。8時に並んだ方はすぐに入場できたらしいです。
先頭のお目当ては何だったのか気になりますが、同人は予約を受け付けてるところが多いので、ショップの先行発売や(今回豊富だったという)中古ゲーム販売ですかね?


今回はシンガリハットさんの「めじろおし」と、盤博@KUAさんの「まいごねこ」が初手。
後者は前回購入しなかったものの、2版になってタイル裏が肉球になって一気に欲しくなったのです(笑)
5人用拡張と、妻の要望でデブネコマ4つセットも購入しました。
作者さんによると初めてデザインしたゲームにも関わらず反応が多くてビックリしたとのこと。テーマと絵柄が魅力的とうことも大きかったのでしょうね。
ブースの写真を撮りたかったですが、ちょうど列があって忙しそうなので遠慮しました。


ゲームマーケット2015秋_2
シンガリハットさんのブース装飾。めじろの群れが大変ぷりちーでした。

ちゃがちゃがゲームズさんの「くだものあつめ拡張」も気になったのですが、時間の関係で列には並ばないことにしたので我慢してスルー。予想通りの人気で開始30分には売り切れとなっていたようです。

次に、ことぶきやさんで「イカード」。
スプラトゥーンの2次創作モノで、長女もシオカラーズのカードがある!と反応してました。

ゲームマーケット2015秋_3
ここはショーナンロケッティアズさんブース。
2人用が多いイメージで今までノーチェックだったのですが、カタログのペンギンイラストを見て妻が気に入り「冷戦ペンギン」「ウサギの騎士団とペンギンの軍隊」「戦列ペンギン」の3作品を予約購入しました。
ブロガーとしては写真OKの札があると非常に助かりますね(一応、撮影とブログ掲載がOKか確認しますが心理的にハードルが下がります)。

ゲームマーケット2015秋_4
とてもノリが良い方たちで、ポーズまで取ってくれました。
いつもは展示のみ掲載しているのですが、せっかくなので使わないわけにはいきません(笑)
長女にはゲームのしおりをオマケでいただきました。ありがとうございます。


ゲームマーケット2015秋_5
いつも楽しみにしているコトノハゲームズさん。
「とけねこ先生のゲームブックをつくろう!」を購入しました。

長女はミラクルタイムアドベンチャーがきっかけでゲームブックが好きになった藤波先生のファン。
以前購入した「まほう☆もののけ☆夏まつり」にサインをお願いしたら快くOKしていただけました。
更にイラストの佐々木先生にもサインいただき、長女のイラストまで描いていただけるサービスぶり。
これは佐々木さんのファンの妻も大変喜んでいました。本当にありがとうございます。

次にRoughneck:7さんブースで冊子「ドミノたおさず」を受け取り。
日本にはなかなかないドミノゲームのルール紹介本です。
この厚さがあって1800円は安い!まだまだ紹介したいゲームがあるので第二段、第三段も構想中とのことです。
妻は売っていた特殊ダイスが気になるようで、次女へのおみやげの「たぬき」と、自分へ「ペンギン」を買いました。1がしょんぼりしていて、6が喜んでいるのが可愛いです。


ゲームマーケット2015秋_6
次にラッコ島さんブース。
「ルクセンブルク日本語版」という、あまりに詳細不明な内容が気になったのですが、ラッコさん本人に聞いても謎は深まるばかり。
飄々した受け答えが妻にウケていて、「コトノハさんとラッコさんで既にGMに来た価値があった」と言ってました。

2000円の10周年記念ビッグボックスはすでに完売でしたが、本体の数倍大きな箱だった模様。どういう内容だったのでしょうか?(まさか最初から完売という高度なネタではないですよね……)。
尚、左に見えるゲームはフリーに遊んでいただけでルクセンブルクとは関係ないそうです(汗)

そのあとはMoBさんのブースで「ドンクラーヴェ」、十式ゲームワークスさんで「琳派」を受け取り。
ドンクラーヴェはキャラが魅力的で体験版も面白かったので正式版を待っていました。琳派は他に見ないこだわりのテーマとアートワークが期待です。

流れで、まどりやさんの「ロストゲムマ」、Manifest Destinyさんで「Scratch House」「新里見八犬伝」を受け取り。
前者はロストレガシーシステムで迷路を作るという一風変わった作品。次女は迷路が大好きですし、コロ、チップ、バンも気に入っているのでウケが良さそうです。
Manifest Destinyさんは毎回テーマが私にヒットするのですが、今回もウィンチェスター・ミステリー・ハウスと里見八犬伝というピンポイントな急所をついてきました(笑)
長女が気になっていたSCRAPさんのブースでは「SCRAPナゾ封筒2014」」を購入です。


ゲームマーケット2015秋_8
いよいよ本題の謎解き「ZOMBIEFUL WORLD」へ。主催はよだかのレコードさん。
受付には15分前にぐらいに並びましたが、30人ぐらいの列ができていました。
今回はゾンビの世界からの脱出が目的ということで、手に「Z」のスタンプをしてもらってスタート。
成功しないと、このままゾンビになってしまいます。
初心者用のヒント集もありましたが、長女も受け取らずに頑張る構えでした(結局。私たちからヒントもらってるのですが)。

この時点で、いつも偽エッセンでお世話になっているしのぽさんから連絡があったことに気づき。慌てて返信。30分以上も放置していてすいませんでした。まだ会場にいらっしゃって良かったです。
たる田さんは、いつものように同人やショップの先行販売で狙ったものを購入されていましたが、今回は見過ごしもいくつかあった模様。
これだけ規模が大きくなると、チェックするのも段々と大変になってきますよね。私も木馬と英雄を予約し損ねましたし……。

しのぽさんは長女と会うのを楽しみにしてくれたようで、色々と話しかけてくれてました。
娘は初対面の大人と会う時は猫かぶり気味なので、いつもより相当に大人しかったですが。


ゲームマーケット2015秋_7
たる田さん達と別れ、謎解きスタート。
最初にもらった問題シートは簡単で、長女も1問で少し詰まったものの全問正解。
楽勝だなーと思ったら、今回はステージ4までありました。

個人的にはステージ2が一番難しく、妻も悩んだ問題がありましたが、なんと長女のひらめきで突破!
あのミニゾンビの絵はそういう意味かーと、かなり盛り上がりました。
長女は論理的な謎解きよりも観察力やひらめき重視の方が得意なようです。

ブースの邪魔になるからかフロア内を探索するタイプの謎は今回ほとんどなし。
それもあり、ステージごとに外に出て、落ち着いた状態で問題を解いていました。
最後の方は、怪しい部分を警戒していれば分かるので、それほど詰まりませんでしたね。

ゾンビナースのお姉さんなど扮装はしているものの、基本的に演技なしでゾンビ感は皆無だったのですが(前回の幽霊はそれらしい受け答えだった)、問題のパズルとひらめきのバランスはとても良く、ボリュームも十分。
長女もかなり楽しんだようでした。


長女が問題を解いている間、残りの予約品の受け取り。
imagine GAMESさんの「フタリマチ」。シンプルなルールの街づくりなので、我が家では出番が多そうです。
やさしい雰囲気のイラストも素敵。
2人用なのがネックですが、これなら長女なら遊べるかな?

ゲームマーケット2015秋_9
妻も気に入っている桜遊庵さんで「てづま師」を購入。トリックテイキングは我が家ではそれほど浸透しているジャンルではありませんが、手品テーマとくれば買わざるを得ません。

前述の琳派もそうですが今回はトリックテイキング、そしてキャラは忍者の作品が多いように見えました。毎回、推理や人狼など特色があるのは面白いものです。

ゲームマーケット2015秋_10
ブースの展示も和風のこだわりを感じて目を惹きますね。
個人的にはネコとキツネ(ですよね?)の置物が、謎めいたワンポイントになっていて印象に残りました。
紅葉の彩も季節感がありますね。

次にワンドローさんで「ヴィレッジオブファミリア」、GAME JAMBOREEさんブースで雑誌の2号を購入。
近くのステージではゲームマーケット大賞の発表で人だかりが出ていました。
見事、大賞に選ばれた「海底探検」ですが、未プレイなのでそのうち遊びたいですね。


ゲームマーケット2015秋_11
落ちついてきた時間帯でのフロアの様子。
このあたりでは地域ごとでチームを組んだ「ごいた大会」が開かれていて、歓声があがるなど熱気に溢れていました。

メインとなる通路は広くて歩きやすかったですが、午後は空気が薄くて酸欠気味でしたね。
妻や娘も終盤はへばりがちでした。
春は換気が十分で快適だったので、次回はまめな空気の入れ替えを期待します!(フロアの場所や気候も関係しそうなので一概には対応できないのでしょうけど)。


ゲームマーケット2015秋_12
バロニィの巨大版。
手前のコマを見ればその大きさが分かると思います。
あくまでイベント用ですが、売っていたら高値でも購入する人はいたでしょうね(妻からは置き場所がどーすんの!と釘をさされましたが)。
このあたりで、何と偽エッセンでお世話になっているフローチャートのマスターに会うことができました。
いつも美味しい食事と、リーズナブルなチャージ料金で素晴らしいお店。
今度は妻とも遊びに行きたいと思います。


ゲームマーケット2015秋_13
すでにこの時点で3時近く。
お昼がまだだったので全員が燃料切れに。
地下レストランはこの時間でも並んでいたので、近くのマクドナルドで遅い昼食にしました。

食べると復活したので、やはり食事は重要ですね。
次回はキッチンカーが復活するそうなので活用したいと思います。

上の写真はレストラン街の出口から見たビッグサイトのエントランス。

食事してから少しだけ会場に戻り、すごろくやさんで「犯人は踊る 3版」を購入。
お店で買うより少しお得だったので、売り切れだったナンジャモンジャの1も早く来て買えば良かった!と悔やみました。
ショップもかなり安値のものもあったみたいなので、次回はちゃんとチェックしたいですね。

長女は、コロ、チップ、バンの扇子が気に入ったようで購入しました。
トートバックも良いのですが、トートバックは我が家で余り気味なので……。

帰ろうと思ったところ、スゲさんに遭遇。
スゲさんにしては荷物が少なめと思ったら、ロッカーに同じぐらいの荷物を置いていたそうです。
オススメは運命亭さんの「ころんぽん」だそうで、木製ながら1000円という価格に驚きました。
さすが嗅覚が鋭いですね。

以上、フロアが広かったり、謎解きに挑戦したりで、効率がいまいち悪い巡り方をしてたのが反省点。
昼も遅くなったので妻と娘を疲れさせてしまいましたね。

次回は5/5のようで、本当ならば翌日は平日。しかも西3・4ホールで30%も広くなる予定とか。
妻と長女で謎解きしてもらっている間に受け取りをしたり、謎解き前に昼食をとるなど、ちゃんと作戦を練りたいと思います。


ゲームマーケット2015秋_14
ゲームマーケット2015秋_15
ゲームマーケット2015秋_16
ゲームマーケット2015秋_17

購入物はいつも詳細に書いているのですが、余裕がないため省略版で!
頭に☆があるのは予約したものです。

☆Scratch House ¥4,000
☆新里見八犬伝 ¥2,000
☆てづま師 ¥2,000
☆まいごねこ ¥2,400
 でぶネコ拡張 ¥600
 5人拡張 ¥600
☆ヴィレッジオブファミリア ¥4,000
☆フタリマチ ¥1,500
☆琳派 ¥1,300

犯人は踊る3版 \1,100
☆冷戦ペンギン ¥1,000
☆ウサギの騎士団とペンギンの軍隊 ¥1,000
☆戦列ペンギン  ¥1,000
めじろおし ¥500
☆ロストゲムマ ¥1,20,0
☆イカード ¥1,500
ルクセンブルク完全日本語版 ¥500
☆ドンクラーヴェ ¥1,500

GAME JAMBOREE ¥500
とけねこ先生のゲームブックをつくろう ¥500
☆ドミノのたおさず ¥1,800

扇子(\500)、サイコロ(1つ\300)、謎封筒(\300)、「ZOMBIEFUL WORLD」(1人\500)、を除外すると合計で¥30,500
予算が3万なので、予定通り……かな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する