旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッザニアに行きました(初キッザニア編)
2015年04月26日 (日) | 編集 |
キッザニア
春休み最後の日である4/7。我が家初のキッザニアに行ってきました。
微妙な距離のため今まで機を失していたのですが、この日は都内では学校が始まっている関係上、平日料金で入れるチャンス。
ゴールデンウィークには群馬の実家組と来る予定なので、その下見という目的もあります。

気づいたときには公式HPの予約が埋まっていましたが、ダメもとで最寄のJTBに連絡したところ空きがあり、無事に購入。
繁忙期でも予約しやすそうな穴場ですが、GW前の混雑で窓口でかなり待ったと妻はこぼしてました。
 
当日は朝早く起きて電車移動。
あいにくの雨模様でしたが、室内施設なのでそれほど影響がないのが救いです。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
 
着いたのは8時頃、当然ながらすでに列ができており、もらった番号は117。
ふと見ると、すでに第2部(16:00~)の人が並んでいるのが恐ろしいです。
まずは受付に行ってチケットの確認ですが、巨大な飛行機がインパクトありますね。

レジャーシートも持っていて長時間待機に備えていましたが実際に開園したのは8時半。
列移動などもあって、周りの様子を眺めているだけでしのげる時間でした。
ちなみに、入口にたどり着いたときにはすでにお菓子工場が予約満員で終了との張り紙が。
これ、どれだけ早く来たら予約取れるんですかね……?!

空港をイメージした入場口を通ると、園内は夜の街。
異世界という感じがして良いですね。
まずは予定していた通り。長女はフォトスタジオ、次女はベーカリーへ。
私は長女についていきましたが、フォトスタジオは最初の説明が長いこともあって手持ち無沙汰に。
その間、園内をぐるりと回って施設確認をしていました。
そうすると次女と妻に遭遇。ベーカリーはいっぱいなので予約だけして動物病院に行くらしいです。
2階層に行く階段で迷っていたようなので、園内をチェックしていて良かったです。


キッザニア_3
長女はスタジオ内で講習を受けた後、みんなで街に出て噴水などで撮影会を行っていました。
一眼レフは家でも使っているので格好は様になっています。
最後にパソコンで写真を確認して1枚だけを選択。長女は時計台の後ろに印刷工房のポスター群が見えるアングルを選んでいました。

キッザニアの中では地味な職業だと思いますが、前の写真と集合写真の2枚を台紙にしてもらえるのでお得だと思います(後述する通り写真フレームを買おうとすると結構なお値段になるので)。
比較的、混んでなさそうなのもポイントですね。


キッザニア_1
動物看護師でお世話する動物。
作りものですが、まばたきまでする動きの細かさが凄いリアル!
検温や注射をするのが主なお仕事のようです。


キッザニア_2
こちらは獣医師の手術室。
横たわっている猫がこれまた生きているようで緊迫感がありますね。


キッザニア_5
次女は予約していたパン屋へ。長女は病院で何やるか迷った結果、救急救命士に。
パン屋では実際にクロワッサンとネジネジパンを作る作業を行ったようです。
お土産にクロワッサン3個ももらえるので(流石に自分で作ったものではない)、満足度が高い職業ですね。

その後は、ビューティーサロンでビューティーコンサルタント(ネイル)をやっていました。
次女は左利きなので難しそうでしたが、接客マナーなども教えてもらえるので、他の職業でも生かせそうです。


キッザニア_7
救急救命士。AEDなどの心肺蘇生術を学んだ後、緊急の連絡を受けて救急車で出動。
実際に人形が倒れており、救助を行います。
転んで胸を打った状況だったようですが、長女は副班長となりメモや医師への報告で活躍していました。
この職業は大人でも聞きたい内容ばかりでしたね。


キッザニア_6
中央広場にある街時計。
人形役として歌やダンスのパフォーマンスをする職業が楽しそうでしたが、娘たちは興味外でした。
ただ3才から推奨なので、弟の次女が選ぶ候補としては良いかも。

左側にあるのは銀行で、ここで働いて手に入れたキッゾ(園内で使える通貨)を預けることができます。
一度カードを作れば街内にあるATMを利用することも可能。本格的です。


キッザニア_8
二人が銀行に行っている間に、私は一足早く食事する場所を探すことに。
モスバーガーとピザーラどちらにしようと考えましたが、混み具合から後者を選択。
11時頃は空いていましたが、30分を過ぎるとレジには長蛇の列ができていました。
GWに来たときもお昼は早めにした方が良さそうです。

写真はピッザニアスペシャルセット。
ピッザニア(小さな円形ピザ)+フライドポテト+ドリンク+ワッフル(バニラメープルハニー)で1450円となかなかお得です。


キッザニア_4
街で見かけた消防士による放水の様子。勇ましいです!
次女もやってみたいと言いましたが、流石の人気で早い段階で満員になっていました。


キッザニア_9
食後、次女はバナナハウスに行きましたが、ここは意外にも人気施設で予約して待ちに。
長女も看護師が1時間待ちで、その間チラシくばりのアルバイトを薦められましたが、自分で何かさがすと街に出ていきました。

私はその間、流れでテレビ局スタジオの生放送を見学することになり、その後、妻、次女と合流。
で車の免許を取るのも良いかと思いましたが、次女は何もせずゆっくり待つそうです。
その辺りを周っていたら、突然、警備会社の服を着た長女に出くわし驚きました。
後で聞くところによると人数に空きがあったためスカウトされたようで、空港で4000キッゾという大金を預かり、金庫まで運ぶというミッションを行っていました。

次の看護師まで時間は大丈夫かな、と思ったら、長女が一番早く出してもらえた関係でセーフ。
ちゃんとタイムカードに記録された予約情報を見て便宜を図ってもらえたようです。
色々と行き届いていますね。


キッザニア_10
看護師は新生児室でお世話をします。
沐浴やマッサージを行いますが、長女はこの仕事が気に入ったようです。
赤ちゃん(人形)は思ったより重くて気を使ったと言っていました。


キッザニア_11
次女のバナナスタンドが始まりました。
バナナを収穫して、出荷するお仕事です。


キッザニア_12
バナナを木から降ろして積むだけかな?と思ったのですが、洗浄や品質チェック、ケースに入れて熟成など、色々な工程があって楽しそうでした。
実際、次女はこの職業が一番気にいったと言ってましたね(バナナが貰えるのに釣られたわけではないと思いますが……)。


3時までですが、2時ぐらいにはほとんどで受付終了になるので、ちょうど良く予約を取らないと時間フルまで職業に就くことは難しそうです。
キッゾを使う側=お客様になることもできるのですが、みんな疲れていたし、明日は学校なのでこれで帰ることにしました。
その前に園内でプロが撮影した写真を販売しているので購入しました。
1200円もするし、カメラ持参なので普段ならこういうのは買わないのですが、職業体験だとせっかくなので……という気になるので上手い仕組みですね。
特に次女のネイルサロンはファッション雑誌を模した特別フレームになっており1700円もするのに買ってしまいました。

基本的に大人は見守るだけなので楽かと思いましたが、写真を撮ったり経路を考えたりしますし、荷物を持って立ちっぱなしだったので大変でした。
何回も訪れて子どもも慣れ、写真もまぁいいかとなれば、控え室にこもれるので快適かもしれませんが(笑)

それにしても噂以上に色々な職業体験ができ、よくこれだけのスペースに盛り込んだな、という感想です。従業員のレベルやサービスも良く、維持を考えると全国で2箇所しかないのも納得ですね。
子どもたちも次は何をやるか今から考えており、GWが楽しみなようです。
私も子どもの時に行ってパイロットや地下鉄の車両整備員をやってみたかった!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。