旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
杉田楽器店とトランペット
2015年04月21日 (火) | 編集 |
4月の頭、実家からの帰りに杉田楽器店さんに寄りました。

目的は長女の練習用のトランペットを購入すること。
今までは吹奏楽部でいつ楽器チェンジするか分からない感じだったので二の足を踏んでいましたが、長女が3年間通してやる気になったので、このタイミングで決心しました。

相変わらず道に面した部分だけ見ると部品や荷物が山積みでつぶれかけの店のようですが(失礼)、内側のショールームは奇麗で快適です。
予約していたので、さっそくトランペットを試させてもらうことに。

その結果、購入したのはTT-104という楽器ですが、特に良かったのがマウスピース。
特別に薄く加工したもので、高音を出しやすいと気に行っていました。
ピアノの購入や調律で信頼がありましたが、やはりここに来て良かったです。

次女はその間ルーム内のピアノを演奏していましたが、中にはベヒシュタインの数千万や、象牙鍵盤の値がつけられないようなものも……。
頼みますから遠慮してください。

その中で長女が欲しがったのはチェンバロ。
確かに音色は良いですしグランドピアノよりはコンパクトですが、調律が毎回必要とのことで、価格を度外視してもまぁ無理ですね。

という訳で、新品のトランペットとケースが我が家の楽器に仲間入りしました。
これで家でも心おきなく練習できますね!(多分、いやいやながらでしょうが)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する