旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲームマーケット2014秋」に行ってきました
2014年11月24日 (月) | 編集 |
ゲームマーケット2014秋
今回もアナログゲームの祭典ゲームマーケットに参加しました。
ワンナイト人狼の「どこでもいっしょver.」(通称:トロ人狼)やコトノハゲームズさんの新作も出るという情報を聞き、すっかり常連となった妻も同行です。

表題写真はおなじみとなった会場の東京ビッグサイトですが、入口からの構図がマンネリなので反対側の屋外展示場から撮影してみました。
当日の天気はごらんのとおり絶好の秋晴れ。
風も弱く、日差しのある場所では少し暑さを感じるぐらいでした。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
 
欲しいものはだいたい取り置きしていたため早く並ぶ必要もないのですが、やはりお祭り気分を味わいため、いつも通り8時ちょっとすぎにビッグサイトに到着。
妻の入場券は現地で購入し(少し列があり2-3分ぐらいの待ち時間でした)、屋外展示場の待機列へ。
300番中盤ぐらいの位置に並ぶことができました。

前回は8時少し前の到着で200終盤だったので、春とそれほど変わらないですかね。
最終的な人数は分かりませんが、見た限りでは4つの列まで形成されていたので1000人以上はいたと思われます。


小説や漫画を読んで過ごしていると、やがて10時になり、待ちに待った開場。
入って左のHブロックに移動し、私は「ちゃがちゃがゲームズ」さん、妻は「ワンナイト人狼」さんのブースに並ぶことができました。
ここはカナイ製作所さんも近くなので、多くの人が集まると思っていましたが予想以上の大渋滞。
違う列に並んでしまうことが心配でしたが、思惑通りに行って良かったです。

ゲームマーケット2014秋_1
ワンナイト人狼さんのブース。トロが怪盗、ジュンが人狼というチョイスが良いですね。

妻のブースの方が長い行列でしたが、当日販売品のみのせいか早く流れ、無事トロ人狼を購入。
一方こちらは予約品の種類が多く、それぞれに確認が必要だったので大変そうでした。
それでも最初に並んだのが幸いし、それほど待たずに「くだものあつめ」と他予約品をゲット。前者は買えたらいいなと思っていたので良かったです。

一息ついて見渡すとこのブロックは入口近くで移動が滞ってしまい混乱を生んでいる状態。
行列の間を空けて人を通していましたが、結果的に列の最後尾が分かりづらくなり、意図しない横入りなど無用なトラブルも見受けられました。
行列ができそうなブースを事前に把握して、離したりスペースのある場所に配置したりできれば良いのですが、、解決が難しい問題ですね。

この後は非公認スタンプラリーを行うべく中村誠さんのブースでシートを貰い、かぼへるさん、聖書コレクションさん、十式ゲームワークスさん、転がる運命亭さんの各ブースを回ってクリア。
買う予定なかった「バイブルハンターアドベント」ですが妻がクリスマスネタのゲームが好きですし、スタンプ特典のポストカードゲームも良さそうでしたので購入しました。
これで特典の「ロストレガシー拡張シート ゲムマ秋バージョン」を入手。
非公認スタンプラリーは今回で最後とのことですが、次回も楽しい企画を期待しています。

また十式ゲームワークスさんが発案された「ポストカードゲーム」ですが、絵ハガキ+少しのαでゲームを作るという大胆な企画で、色々なブースが小さなカードに工夫をこらし、楽しさを凝縮させた作品を発表していました。
気になるゲームが目白押しでしたが、正直チェックが足りなかったので、事前に調べてもっと購入すれば良かったと思いました(当日いきなり買うのが不得手な性質なので……)。

気になっていた枯山水もNGOさんのブースで現品を見て、妻もその出来に納得。購入することに決めました。

ゲームマーケット2014秋_2
MoBGAMESさんのブースでは予約していたドンクラーヴェを購入しました。
妻や長女がイラストで気になったのですが、どんぐりの教皇選出というテーマもユニークです。
製品版の前に体験版を安価で売るという手法も素晴らしいですね。


ゲームマーケット2014秋_3
TRI Fol:umさんのブースで販売していた、ぐんまちゃんのゲーム「 ちからあわせる二百万」。
元群馬県民としては買わざるを得ません。
ゆるキャラグランプリ2014受賞ということで期せずしてタイムリーでしたね。
売り場の方もシャツやかぶりものでアピールしてました。


ここで一区切りついたので休憩を取ることにしました。
初の試みとして屋外展示場にワゴンカーがありここで軽食を取ることができるのです。
と思って入口から出たら、たる田さん、しのぽさんに遭遇。
朝一でバネストさんに並んだらしく希少品のパナマックスを手に入れていました。
他にはテンデイズさんで購入したアルルの丘も見せてもらいましたが、2人用とは思えない箱の大きさと重量感でした。

たる田さん達はフリーで遊べる卓がないためこの後すぐ帰られるようで、ここで別れ、私たちは食事へ。
まだ11時すぎなので、空いていました。

ゲームマーケット2014秋_5
こんな感じでワゴンカーが並んでいます。
写真は朝の待機列で待っている時に撮影したので、まだ準備段階なのですが。

店員さんは何のイベントかご存知ではないようで、待っている間ボードゲームについて聞かれりしていました。
「人生ゲームのようなものですか?」という定番の質問もされましたが、個人的にはこう切り出された方がスムーズに説明できますね(笑)

ゲームマーケット2014秋_6
ちばドッグです。千葉県産の豚肉チバザポークを使っていること。
違いを説明できるほどグルメではないですが、ジューシーで美味しかったです。

ゲームマーケット2014秋_7
バナナクレープ(キャラメルソース)とホイップ(チョコソース)のクレープ。
普段は甘いものはそれほどなのですが、歩き疲れた身体には沁み渡りましたね。


休んだ後は予約品を回収しながらゆっくり回ろうと思っていたら、コトノハゲームズさんのゲームブック「まほう★もののけ★夏まつり」が、まさかの(と言ったら失礼ですが)売り切れ。
冊子なので、空いてきたところで行ってもまだあるだろうと考えていたのが甘かったです……。
今後も販売していくらしいので、次の機会に購入したいと思います。

ゲームマーケット2014秋_4
コトノハゲームスのブース。佐々木先生のイラストが毎度のことながら妻のストライク。
新作の星座を作るテーマも風情溢れますね。
今思うと、長女がゲームブック関連で藤浪先生のファンなので、ご本人がおられるならサインをもらえば良かったですな……。

すごろくやのブースでは、今年のドイツ年間ゲーム子ども大賞である「幽霊、幽霊、宝探し(Geister, Geister, Schatzsuchmeister!)」のボックスが予定として飾られていました。
ついに発売されるのですね。
個人的には「ピックアシロクマ」が欲しかったのですが、残念ながら無く、代わりにではないですが「ピックアピッグ」のイラストの立体バケツコンポーネントを使った大箱がありました。
買うのは荷物になるので聞きませんでしたが、どんなゲームだったのですかね?(←後でバケツくずしの3Dリメイクと判明しました)


2時頃になり、もう帰るか試遊するか考えていましたが、試遊台はどこもいっぱいで待ちの状態(ゴリティア遊んでみたかった……)。
そこで前回から行われている謎解きイベントをやってみることにしました。

ゲームマーケット2014秋_9
よだかのレコードさんが開催されている「モノノケマーケット」。
人間と妖怪の絆である勾玉が何者かに盗まれ、それを捜索するというストーリー。

受付では1時間ぐらいで解けると言っていましたし、子どもが多くチャレンジしていたので楽勝かな、と思っていたのですが、難しい問題は結構悩み、結局、1時間弱かかってしました。
しかもクリアした後、エクストラで最後の謎が出てくるのですが、これは帰宅時間になってしまったため解かずじまいでした。これを解決したら証明書でも貰えたのですかねー。気になります。

ゲームマーケット2014秋_10
こんな感じである販売ブースの一部にヒントが隠れていることも。
流石に大規模な謎を仕込むのは難しそうでしたが、色々と工夫してやってる感じがありました。

長女はこういうのが好きなので、もしゲムマに来ることがあったらどうかと思いましたが、娘が解けそうなのは8問中2-3問ぐらいといったところですかね。

私も妻もなかなか楽しめましたが、ただ荷物を持って歩くのは疲れるし、ウロウロするのにも気を使うので、正直ものを買いまくるゲーマーには食い合わせが悪いイベントだったかもしれません(汗)。
軽装なうちに回ったり、荷物を預けたりすでに送ってしまった方が集中して楽しめたでしょうね。

方向性は異なりますが、これも舞台を使った一種のアナログゲームですし、謎に自信がある家族連れ、友達グループにも受けが良さそうなので、面白い試みだと思いました。


ゲームマーケット2014秋_8
帰る前に入場ゲートなどにあった看板ポスター3枚をパチり。
マスコットキャラクターのコロとチップは単独モノがありましたが、バンがない……。
どっかにあった?それともこれは人気の格差?


以下は購入物の紹介です。

ゲームマーケット2014秋_11
★は取り置き予約していたもの、カッコはブース名(敬称略)、数字は価格。

★ロストレガシーレジェンド(ワンドロー) 4500
・枯山水(New Games Order) 8100
★星刻のレムリア(Manifest Destiny) 4000
・バイブルハンターアドベント(聖書コレクション ) 2000
・シークレットムーン(カナイ製作所) 1500
★開拓王+拡張セット(Studio GG) 2800+800
★ポストマンレース(imagine GAMES) 3800

imagine GAMESさんに行った時、制作予定で気になった京都のバスゲームの状況を聞いたところ苦慮しているとのこと。
気長に期待していますので、納得がいくものを作ってください!
シークレットムーンはテスト版のシークレットガーデンとはかなり異なっているようで、対応人数が5-8になってました。
我が家では遊べないのでちょっと失敗しましたが、どこかで出番ないかな……。

ゲームマーケット2014秋_12
★スタンプグラフィティ(ちゃがちゃがゲームズ) 2800
★ダンゴーダンジョン(ちゃがちゃがゲームズ) 4500
・ちからあわせる二百万!(TRI Fol:um) 1500
★ドンクラーヴェ(MoBGAMES) 500
★星めぐりの歌(コトノハゲームズ) 2500
・オムソバスケット ギフトブック(コトノハゲームズ) 100
・くだものあつめ(ちゃがちゃがゲームズ) 1000
★パイレーツコード(かぼへる) 1500
・ワンナイト人狼「どこでもいっしょver.」(ワンナイト人狼) 2000

ダンゴーダンジョンはアートワーク設定資料集が欲しかったのでSET4を買いました。
ワンナイト人狼さんのブースは準備した数が多かったのか、賑わいにも関わらず最後まで売り続けてくれていましたよ。

ゲームマーケット2014秋_13
・ロボダイス(十式ゲームワークス) スタンプ賞品
・おさわり人狼(ちゃがちゃがゲームズ)x2 購入特典
・もういくつねるとクリスマス(聖書コレクション)  スタンプ賞品
・モノノケマーケットのパンフレット
・ちゃりんポン(転がる運命亭)x2 100(1枚スタンプ商品)
・5分で終わる!ハルマゲドーン(十式ゲームワークス委託:夕日の土建屋さん) 100
・ビンゴ新年(大気圏内ゲームズ)3種 100
・ドワークの城塞(ステッパーズストップ委託:I was game)x6 300
・試験なき王国(十式ゲームワークス) 200

少なくとも「くいだおれうちうじん」と「スゴカジ」も買えば良かった…。
自分はやはり事前調査をちゃんとしないとダメですね。

ゲームマーケット2014秋_14
・テスト版シート『ロストレガシー:不思議な箱』(ワンドロー) 購入特典
・ロストレガシー拡張シート:ゲームマーケット2014秋ver スタンプ特典

購入総額は入場料と謎解きを除くと44700円。
前回は35000円でしたが、今回は枯山水予算があるので1万プラスでおさまりましたね。
え、枯山水は8100円だって?ちょうどの方が計算しやすいじゃないですかー。

ゲームマーケット2014秋_15
ゲームマーケットのパンフレット。
右が入場券のみですが表紙デザインは同じですね。

そういえばマスコットキャラクターはモモタロウの家来3匹がモチーフだったのに遅まきながら気が付きました。だからパンフ説明でルール破りをしているのが鬼のキャラクターなんですね。
更に追記ですが今回「いいね」カードで、3匹のポストカードがもらえたの忘れていました。気に行っていた娘たちのお土産にもなりますし、良いブースばかりでしたので貰ってくれば良かったですねー。


来年の春は、ゴールデンウィーク中となる5/5に開催とのこと。
正直、家族サービスをしなくてはならない父親には厳しい日程ですね……。
まぁ1回ぐらい出なくても良いかと思いつつ、近くに遊びに行けばふらっと寄れないかと考えている今日この頃です(汗)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。