旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那須サンタヒルズ
2014年09月07日 (日) | 編集 |
那須キャンプ2014
8月のお盆休み、弟家族と那須へキャンプに行きました。

去年も那須キャンプだったので他も検討したのですが、お盆の週は場所の確保が難しく、結果、最初に予定を組んだキャンプ場「サンタヒルズ」に決定。
当初は「また那須かぁ」と乗り気ではなったのですが(そもそも我が家は全員がインドア派)、カピバラとふれ合えるという「那須どうぶつ王国」の情報を聞き、ここを目的とすることでテンションを取り戻しました。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
 
那須キャンプ2014_1
当日は台風が直撃こそないものの上陸する状況で心配でしたが、通過するのを期待して午後に移動。
高速中はずっと速度制限がある悪天で、矢板ICを降りてからも視界が不明瞭なほどでした。
(ウチの姉妹と、弟長女の3人は相変わらず、車の中ではしゃいでいましたが)。

ただ、道の駅「きつれがわ」を通り、スーパー「オータニ」で買い出しをしたころには小雨になり、キャンプ場に着くころには完全に止んでくれたので助かりました。
最高ではないものの、今回も天気運はありましたね。


那須キャンプ2014_2
「サンタヒルズ」はオートキャンプ場&コテージのある宿泊施で、名前の通り、一年を通してクリスマスをモチーフにした装いになっています。
私たちが宿泊するのは「リッカ」というツリーハウス。
リッカ=六花は雪の結晶を表す言葉。その通り上から見ると6棟が中央デッキで繋がっているというデザインになっています。

雪の結晶プレートが飾られているデッキは見栄えが良いですが、コテージに行くには真ん中のらせん階段を通る必要があり、駐車場からもぬかるんだ坂道を上るので、荷物を運び入れるのはなかなか骨が折れます。
直接コテージに荷物を運べれば楽なのですが、微妙に高い位置にあるので搬入は難しい模様。
まぁ日ごろの運動不足解消と思って、ここは素直に頑張りました。

姉妹2組はその間、手伝いもそこそこに探検ごっこと称して2階をドタバタ。
夕食の助力になりそうもないので準備は弟にまかせ、邪魔にならないように散歩へ行くことにしました。
売店では色とりどりのスノードームが売っていたり、その近くに「こどものひみつきち」という滑り台やブランコのある2階立ての小屋があり、興味を引くことができましたね。


那須キャンプ2014_4
帰宅するとちょうど夕食の用意も完了。
夏とは言え、すでに薄闇に浸される時間で、テラスの明かりが周囲の木々を照らし出しています。
焼きそばと焼肉、フランクフルトなどを食べましたが雰囲気も手伝って美味しかったですね。
終わり際には少し風雨のハプニングもあったものの、それも含め賑やかに終了しました。


那須キャンプ2014_6
場内にシャワーはありますが入浴施設は予約制なので、行き際に通った道の駅「きつれがわ」へ。
駐車場まで行く道は暗闇坂なので、長女が懐中電灯を持ってはりきっていました(足元を照らず先にずんずん行くので、後続は若干歩きづらかったですが:汗)。

「きつれがわ」はなかなか大きな規模の道の駅で、名前をもじったキツネのキャラクターが目印です。
ここにある温泉施設を利用しましたが、ジャグジーや露天風呂もあってなかなか本格的です。
その他にもクワハウスもあったので水着を持ってもう少し早く来ても良かったですね。


那須キャンプ2014_5
ここで今日1日は終わり。
娘たちは懐中電灯で再び探検ごっこをしたり、、吹き抜けを使ってブシニャン人形をぶん投げる遊びをしていましたが(なぜブシニャンが被害に……)、ほどなく疲れが出たのか早く就寝しました。
私たちも明日に備えてさっさと寝てしまいましたけどね。


那須キャンプ2014_8
次の日は、朝早く出るということでレストランで朝食を予約していました。
サラダ、スクランブルエッグ、ウィンナーという基本的な内容ですがそれだけに素朴な美味しさで、特に豆乳の丸パンが、パン好きぞろいな我が家でも特に好評でした。

那須キャンプ2014_7
子ども用のプレートはタコさんウィンナーになっています(笑)


那須キャンプ2014_3
その後、「こどものひみつきち」や近くにあるハンモックで一通り遊んだ後、出発へ。
結局、それほど早く出ることはできませんでした。10時過ぎぐらいだったかな?
まぁ、子連れだとこんなものですよね。むしろ、早く出ようとしたからこれぐらいの遅れで済んだのかもしれません……。

これでサンタヒルズを後に。
記述し忘れましたが、犬と一緒に泊まれるコテージ(広い柵のドッグランスペースもありました)もあって、そういう用途でも良さそうでした。
大きな犬と一緒に来ているご家族も何組か見かけましたし、そういうキャンプも楽しそうですね。


後半に続きます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。