旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンセンター トウキョーベイ
2014年07月23日 (水) | 編集 |
ポケモンセンター2014
先日記事のディズニーシーから1夜明け、今日の予定はポケモンセンター。
子どもたちはディズニーと同じぐらい楽しみにしていた場所です。

浜松町(ポケモンセンタートウキョー)の方に行く予定でしたが、去年の11月にオープンした「ポケモンセンタートウキョーベイ」が京葉線で4駅というせっかくの近さだったので、こちらに行くことにしました。

ホテルのバイキングで豪華な朝食をとり、遅めにホテルを出立。
まだ雨残る中、ホテルからのバスで舞浜駅に戻りました。
 
詳細な内容は[続きを見る]から。
 
 
その前に、残りのお土産探しとしてイクスピアリのディズニーストアに寄ったりもしましたが、ここは食べものよりもグッズ系が充実している感じで、こちらの求めているものはなし。
ポケモンセンターで探すことにして、そのまま舞浜駅に戻って電車に乗りました。

京葉線のこのあたりは、住宅地、倉庫街、工場など1駅ごととに景観が変わるのが興味深いです。
到着駅の南船橋はポケモンセンターのある「ららぽーと」の他にもIKEAやViVitもあり、大きな商業施設で賑わっている印象でした。

駅から直行のバスも出ていましたが、歩いた方が早いだろうと「ららぽーと」に向かうことに。
雨もいつの間にか上がり気温も上昇、少し歩くと汗ばむくらいです。

ポケモンセンター2014_1
「ららぽーとTOKYO-BAY」はその規模の大きさに驚きましたが、一角にあるポケモンセンターは反対側なので荷物を抱えて移動するのはちょっとしんどかったです。
調べてみると、大型ショッピングセンターの先駆けとなる場所で、開業した1981年は日本最大、現在でも第5位という広さを持つモールなのですね。

やっと到着したポケモンセンターは浜松町本店と同じぐらいの広さで、中央にある円筒型の液晶パネルが目を引きます。
上の写真はマスコットキャラクターであるマーイーカが表示されているタイミングでパチり。
青の背景が似合っていますね。

子どもたちは勇んで買うものを捜索。私たちもお土産を探しました。
長女は相変わらず目移りして時間がかかるので、2時間半ほど滞在していました。
ちょうどキャンペーンをやっていたメガゲンガーの通信受け取りとパンフレットもゲット。
店内は午前中はそれほどでもなかったですが、お昼過ぎから混んできており、福引などやカード大会なども行われて活気がありました。

私はその間、通路に出たりして少し休んでいましたが、微妙に立ちくらみが。
体力は人並みにあると思っていましたが、流石に体力配分を考えて動かないといけない年齢になりましたかね。

朝をいっぱい食べていたので昼はいらないということで、そのまま新木場まで戻り、帰路につきました。
子どもたちも流石に電車で眠りこけていました。
2日間、色々ありましたが、記憶に残る本当に良い旅でしたね。

ポケモンセンター2014_2
食べ物系のお土産を除く購入物の写真です。
・メガフシギバナのぬいぐるみ … 長女用。値段の割には飾りも多く、出来が良いです。
・メガリング … 喧嘩になるので結局2つ買いました。
・マーイーカのチャーム … マーイーカグッズが欲しかったのですが、限定モノがなかったのでこれにしました。
・メガクチートとメガデンリュウのチャーム … 妻と私のメインキャラなので記念購入。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。