旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「那須高原 南ヶ丘牧場」と「こっこランド那須」
2013年10月02日 (水) | 編集 |
2013夏休み_00
先々月の18日、つまり夏休みの話ですが、弟家族と那須へキャンプに行ってきました。
ウチの娘たちも物心ついてから初めての一泊旅行ということで、数日前から楽しみにしていた企画。
終始、姪と一緒にはしゃぎまくっていました。

ついでに「那須高原 南ヶ丘牧場」と「那須ハイランドパーク」で遊んできましたが、今回は前半として1日目に行った南ヶ丘牧場とキャンプ(こっこランド那須)を中心に記載します。
我が家はインドア派なのでキャンプというハードルの高いことはまず実行しないのですが、貴重な体験をさせてくれた弟夫妻に感謝ですね。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
 
前日は弟の家に泊まり、早朝に出発。
晴天に恵まれ、ここ数日は暑い日になりそうです。

車2台なので、キャンプの荷物一式を運んでもらう代わりに、向こうの姪(長女の方)をこちらに乗せました。
忘れ物で少し出遅れましたが、概ね無事に出発。
関越→北関東自動車道→東北道のルートですが、私たちは太田桐生ICより先に進むのは初めて。
高速道路だけで乗り継げるので交通の便はかなり良くなりましたね。

ウチの姉妹+姪は、先行する弟の車が見えないだの、山が見えてきたからここでキャンプできるなど、些細なことで盛り上がっています。
正直ウルサイですが、2時間以上も車に乗って長女が酔わないのは助かりますね。
私の家族だけでは1時間が限度なので……。

車は大谷から宇都宮を通過。混み具合はお盆最終の日曜なのでまぁまぁ。
密集しても、それなりの速度で流れているという感じでしたね。
私は小さいころ宇都宮に住んでいたのですが、「あれ?大谷って宇都宮の前だっけ?」という按配で未だに記憶と食い違いがあるのが面白いところです。

そんなこんなで前もって集合場所に決めていた上河内サービスエリアに到着。
休憩しながらお土産を検討していると、「牛乳レモン」関連のクッキーやらが目についたので、インパクト的にもこれが良いだろうと候補になりました。
飲み物の「牛乳レモン」も買いましたが、弟家族には不評、我が家では結構人気と分かれました。
特に長女はなぜかとても気に入って「1本しかないの~」と残念がっていました。

2013夏休み_01
写真はサービスエリアにあった餃子の木です(笑)


那須ICを降りると、下の道は大渋滞。
正直、高速道路よりもこちらの方が運転していて疲れました。お昼の時間帯でお腹が空いてきたということもありますが。

ようやくボトルネックになっていた十字路を抜けると、まともに進むようになってきたので、後は道に詳しい弟について裏道を通り、一気に「那須高原 南ヶ丘牧場」に到着。
しかし、今度は駐車場が混んでいて、空スペースを見つけるのに幾度もぐるぐると周回しました。
車を降りて探してくれた妻のおかげで、近くに停められたので良かったです。
着いたときには、さすがに長女はぐったりしてベンチでしばし横になってました。


まずは食事を……と思ったのですが、皆お腹が空いたのは通り過ぎてしまった模様。
よって、希望者が多い乗馬をすることにしました。

2013夏休み_03
長女は一人で乗れるのですが、次女は無理なので私と騎乗(妻は撮影係)。
馬は目線が高く、動物ならではの上下動と揺れがあるので気持ちよいですね。


2013夏休み_05
次にふれあい広場で、ヤギや羊、ウサギなどと遊んでもらいました。
長女コンビは最初こそ珍しがっていましたが、さっさと飽きてウロウロ。次女は動物好きなので終始、様子を観察したり、撫でたりしていました。

長女はアーチェリーをやりたがっていましたが、弓が大きく子どもだけでは引けそうにないので断念。
代わりに魚釣りをすることにしました。
娘達は釣りをしたことがなく、私もまったくのど素人ですが、それでも竿を投げ入れると速攻で魚が食いついてくる状態なので、当たりのタイミングを待つ……という雰囲気ではなく、どれだけ早く釣竿を上げるかという慌しい感じになっていました(汗)

2013夏休み_06
釣った魚はその場で調理してくれるので、焼く場所に直行。そのまま売店でパンや牛乳などを追加して簡単な昼食にしました。
炭火の熱さはしんどいですが、手間をかけた分、魚は美味しかったです。

2013夏休み_07
牧場の地図。

もっとゆっくりしたい気分もありましたが、すでに日も落ちてきたので、急いでキャンプ場に向かうことにしました。
道を間違えて弟の車とはぐれるというアクシデントも途中で発生しましたが、ナビのおかげでちゃんとキャンプ場に到着。
看板も所々にあったので大丈夫だろうとは思いましたが、途中かなり細い山道を通るので不安になりました(笑)


2013夏休み_08
ボケている写真ですが、ここが宿泊する「こっこランド那須」のコテージ。
テラスにはブランコが備えられていて、早速、子ども達で取り合いになっていました(汗)
暇さえあれば、誰かが揺られているという感じでしたね。
中には吹き抜けの中二階があって、ここも娘達には好評でした(まだ小さい弟の次女がしょちゅう昇ろうとしていたのは危なかったですが)。

キャンプ場にはミニ公園などの遊び場もいくつかあるので、食事を準備している間、私が娘達を連れて散策しました。
近くに川があるので、翌日はそこで遊んでも良いかと思いましたが、結局時間はなかったですね。
夕食のメニューは焼肉とカレー。
炭火でやいた肉や、外で食べるカレーは美味しかったです。

食後は広場に行って花火をしました。
花火は「これは余るだろう」というぐらいの結構な数を持っていったのですが、娘が4人もいるとあっという間に消化。結果的にちょうど良い物量でした。
手持ちのほかにも、家ではあまりやらない吹き上げ式花火などで、一同盛り上がっていましたね。
空は曇りがちで星が見えないのが残念でしたが、暗いながらも懐中電灯で道中を照らしながら進むのが楽しかったようです。

色々やっているうちに、あっという間に消灯時間が近づいてきたので、浴場で汗を流してから早めの就寝準備。
浴場は岩風呂を模したものですが、空いていて快適でした。
トランプでもやっている時間があるかな、と思いましたが、そんな暇もなく、あっと言う間の1日。
弟の部屋に出張してやたら騒いでいた長女の声もじきに聞こえなくなり、私たちも眠りにつきました。

次の日に続きます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。