旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
第37回 練馬おやこボードゲームの会(2013.8)に行ってきました
2013年09月20日 (金) | 編集 |
第23回練馬こどもボードゲーム会_0
夏休みももうすぐ終わりの8月末(8/25)、「宿題終わった」という長女の弁により、久しぶりに家族4人で練馬ボードゲーム会に参加してきました。
実際はやり忘れたものがいくつかあることが判明しましたが……。

時期的に子どもの参加者は少ないかな?と思いましたが、一緒に遊んでいただけるご家族に恵まれ、楽しい時間を過ごすことができました。
表題写真はレースギャロッポ。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
 
この日は朝から雨模様でしたが、外に出ている時間帯は大丈夫でした。
ボードゲームを運んでいる身としては実にラッキーです。

練馬インター付近の道は空いていて、これは早く来すぎたかなと思いましたが、昼食に入ったバーミアンでデザートが来るのが遅れ(忘れられていた?)、結局ちょうど良い時間となりました。
天気のせいか、駐車場も近場が空いていましたね。


大きさ比べ
第23回練馬こどもボードゲーム会_3
受付を済ませて荷物を整理していたら、するすると長女が別の卓に入り込んでいました(汗)
娘と同じぐらいの年齢の息子さんと父親のご家族でしたが、快くメンバーに加えていただき、ありがとうございます。
遊ばれていたのは「大きさ比べ」。

自分の山札から次にめくる動物カードが、場にある動物カードより大きいか小さいかを当てる、という勘だけに見える内容ですが、外れたカードはまた自分の山札の下に戻っていくため、「どんなカードがあったのか」を覚える記憶力が重要です。
当たれば連続でチャレンジできるので、それに伴う緊張感と爽快感がありそうですね。

まぁ、長女は深く考えず遊んでいたようですが……。
気になっていたタイトルなので自分も遊びたかったです(笑)


あの雲なあに
第23回練馬こどもボードゲーム会_2
私は次女が棚から持ってきたこの「あの雲なあに」を。
雲パーツで作った形が何か当てるという一種の絵当てゲームで、練馬に行くといつも遊びたがります。

最初は次女と二人で当てっこをしていましたが、次女に年が近い男の子が興味を持ったようでしたので、そちらの家族(息子さんと父親)と合流。
とは言っても、年長と年中の園児コンビなので最後まで通すのは無理なのですが、1順で終わると思っていたところ2順遊ぶことができたので上出来です。

写真は妻の作品でアイスクリーム。これは見事、年中の息子さんが当てていましたね。


カヤナック
第23回練馬こどもボードゲーム会_1
長女は続けて向こうのご家族とカヤナックをやっていました。
ボードに穴をあけて魚を釣る名作ゲームで我が家にもありますが、いまだに子どもとは正式なルールで遊んだことがないタイトルでもあります。

今回もサイコロはなしで、釣りだけで遊んでいたそうです。
先ほどの男の子も途中から参加していましたね。


ウールフィー
第23回練馬こどもボードゲーム会_4
我が家の持ち込みゲーム。
次女、年中の男の子、私の3人で開始。
「3匹の子ブタ」モチーフで、オオカミから逃げつつレンガの家を建てれば勝利の協力ゲーム。

序盤はサイコロの出目が絶好調で、オオカミが動かないままレンガの家が完成間近という展開。
「これは余裕すぎて面白さが分かる前に終わってしまうなぁ」と心配していたら、それに答えたかのようにオオカミがばく進。
男の子のブタが捕まってしまい、それを助けに行った次女も捕まって鍋に放り込まれるという大ピンチ。

第23回練馬こどもボードゲーム会_5
すでにレンガの家に逃げていた私が鍋まで向かって助けましたが、今度は私が捕まって次女にヘルプしてもらう緊張状態に。
最後は何とかオオカミを振り切り、全員がレンガの家に避難。見事ハッピーエンドで終わりました。

写真は次女の手によって鍋に突っ込まれた可愛そうなオオカミ。


ココタキ
第23回練馬こどもボードゲーム会_6
次なる次女の要望で、やはり持ち込みの「ココタキ」を数回プレイ。
長年の愛用ゲームで箱はボロボロですが、それでもカードは新品同様なのは流石アミーゴブランドです。

場のカードと動物または色が合っていれば手札からカードを出せる、というルールはウノに似ていますが、カードを出すときにその動物の鳴き真似をするというのがユニークです。
見た目は牧歌的ですが「赤い動物は声を出さない」「赤いニワトリだけはココタキ!と言う」など引っ掛けもあるので注意しないとペナルティを食らいます。

途中でゆうりさんの娘さんも交えて遊びましたが、初級ルールでは簡単すぎましたかね。
カードを連続で出せる上級ルールの方が面白いので、最初からこちらで遊んだほうが良かったかもしれません。


レースギャロッポ
第23回練馬こどもボードゲーム会_7
その頃、長女はレースギャロッポで3人対戦中。
全員がいっせいに1~6の手札から1枚を選び、その数だけ馬を進めるのですが、「数字の小さい人から動ける」「相手に踏まれた人は後ろの空きマスまで後退する」というルールのため、相手の出すカードを読みつつ進めないと川に落ちたり、障害物にぶつかったりして手番が無駄になってしまいます。

青ジョッキーが長女ですが、どういう経緯かトップでゴールした模様です。意外と強い?

第23回練馬こどもボードゲーム会_8
その次は妻も参加し、5人で遊ばれていました。
勝ったのは、赤ジョッキーの妻。手札を管理する系ゲームは得意ですね。

大人と子どもが一緒に楽しめる好ゲームなのですが、セレクタ社がボードゲームから撤退したことで入手は難しくなっているようです。


サイトシーイング
第23回練馬こどもボードゲーム会_9
これまた長女が遊んでいた、我が家でもお馴染みのHABA社タイトル。
共通のバスを動かして自分の目的地に誘導するゲームですが、それぞれの目的地は秘密なので心理戦の要素もあります。
バスを進めるチケットの引き運による福引感や、地図上のルートを走らせるも楽しさなど、色々な要素の詰まったゲームですね。
とは言っても、いつまでも目的地にたどり着けない厳しい状態になる時もありますが(汗)

長女は2位で、一緒に遊んでいる男の子(小2ということで年は娘より一つ下でした)が見事1位でした。(スゲさんが3位?)。
路線の選択とスターチケットの引きが勝敗を分けますね。

次女もそろそろ普通のルールで遊べそうかな?


バチークキッズ
第23回練馬こどもボードゲーム会_10
そのころ私は次女とバチークキッズを。
色々な形の魚を交互に水槽に入れ、上からはみ出た人が負けというゲームです。
ギガミックだけあってインテリアにも使えそうな綺麗なコンポーネント。

空間把握は得意なはずなのですが、このゲームは何故か苦手でした。
妻とも遊びましたが連敗です(汗)


お邪魔もの
第23回練馬こどもボードゲーム会_11
妻が次女の相手をしてくれることになったので、お邪魔ものに参加しました。
拡張である「お邪魔もの2」はやったことがあるのですが、実は元祖は初プレイ。
本来なら3ラウンド通しで得点を競うのですが、1ラウンドを2回遊ぶルールで行いました。

善良なドワーフは入口から金鉱まで道を作り、お邪魔ドワーフはそれを妨害するのが目的。
誰がお邪魔かは分からないので、その疑心暗鬼を楽しむゲームですね。

スゲさん、小2男の子、長女、お父さんx3(私含め)という6人メンバーでスタート。
この人数だと1~2人がお邪魔になる可能性がありますが、私は善良ドワーフ役。

幸運にも通路カードの手札が良かったので、要所で道をつなぎ信頼度を上げます。
そのかいあって、この手のゲームではまず私を疑う長女からも今回は信じられている模様(笑)
怪しいのは、男の子とスゲさん。
金鉱は3つのうち1つだけが正解なのですが、地図カードで同じ金鉱をチェックした二人は「はずれ」「金塊」と意見が分かれました。これは、どちらかがお邪魔もの?

しかし何と結果はどちらもお邪魔もの。上手い偽装でしたが、善良ドワーフの手札が良すぎましたね。

2ラウンド目は、私以外のお父さんsがお邪魔者という展開。
妨害カードが飛び交い、落盤で道を途切れさせられましたが、長女とちょうど良く修復できるカードを持っていて善良側の連続勝利。

「2」は個人戦で仲間にも寝首をかかれる感じでしたが、「1」はチーム戦なので子どもを交える場合はこちらの方が和気藹々と遊べますね。
ただ子どもがお邪魔者1人になると辛そうなので、人数多い場合は2人以上のチーム+仲間を予め知っている形式にした方が適当かもしれません。


ベンガベンガ
第23回練馬こどもボードゲーム会_12
妻と次女、年中の男の子で遊んでいたのはベンガベンガ。
動物を捕まえて予防注射をするというゲームですが、動物コマの尻尾がスタンプになっていてそれを自分のシートにポンと押すのが楽しいです。

これが入手難とは惜しいですが、セレクタ社なので再販やリメイクはもう無いでしょうね。


ラブレター
第23回練馬こどもボードゲーム会_13
リクエストがありラブレターを出しました。

「姫」「騎士」「道化」といったカード16枚で構成されており、手札が1枚というシンプルさ。
手順も「山札から1枚を引いて1枚捨てる」だけですが、これが色々な展開を生みます。
1ゲーム3分程度で終わるのですが、引き運、読み、戦略のバランスが良く充実感がありますね。

お父さん、私の娘達、男の子、色々なメンバーで取り混ぜて数回遊びましたが、のきなみ好評でした。
ちなみに我が家のルールに合わせて「大臣」を「女侯爵」に交換させてもらいました。

そういえば、山札から1枚抜くルールを失念してました……。
勝負には影響なかったと思いますが、説明しなくてすいません。


街コロ
第23回練馬こどもボードゲーム会_14
長女の要望で、持ち込みの街コロをプレイ。

私、長女、小2男の子の3人で勝負。
サイコロを振って建物を効果を使い、金を稼いでそれを元に新しい建物を買う、といういわゆる拡大再生産のゲームです。

「牧場とチーズ工場を一緒に作ると強い」などの建物の相性もあるので初見では難しいと思い、長女の方を妨害するプレイをしていましたが、小2男の子が「森林+鉱山+家具工場」のセットを作るなどの見事な戦略でぶっちぎりの一位。
小2でこれだけ最初からシステムを理解して遊ぶとは正直驚きです。
相手の手もしっかり見ているところや、収支計算が早いところなど(ゲーマー的な)英才教育が行き届いており将来が楽しみですね(笑)

これはいかんと思い、大人気なく2回目は全力で勝負。
男の子の戦略に合わせ打ちする感じで、今度は私が「森林+鉱山+家具工場」で勝利しました。
一方、長女は「牧場」「チーズ工場」に固執していいところなし。
コンビニなどをもう少しバランス良く建てるべきでしたね。

とても良いゲームですが、1サイコロ戦略が強すぎるという話だけが気になります。
ハウスルールで調整できないですかね?


ワードバスケットキッズ
第23回練馬こどもボードゲーム会_15
向こうの卓で次女が遊んでいたのは我が家でも定番のワードバスケットキッズ。
ルールは誰でも分かるしりとりですが、手持ちのカードで文字が制限されているうえに早い者勝ちなので言葉の瞬発力が必要です。
一気に連続してカードを出せると気持ちよいですね。


おばけキャッチ
第23回練馬こどもボードゲーム会_16
ワードバスケットの次に遊んでいたのはこれ。
カードに描かれたコマを素早く取った人が得点というカルタ的なものですが、合うコマがない時は「描かれたコマと色が合わないもの」を選ぶという真逆の思考が要求されます。
家でよく遊んでいるだけあって次女も結構、活躍していたようですね。

小2の男の子も得意らしいので、次はぜひ我が家と対戦希望です。
ちなみに強さの順は、次女<私<長女<妻です(汗)


ベガス
第23回練馬こどもボードゲーム会_17
妻、ゆうりさん、小2の男の子、お父さんで対戦していたベガス。
サイコロをジャラジャラ振って楽しむエリアマジョリティゲームです。

1~6のエリアそれぞれで、人より多く自分のサイコロを置けば賞金がゲットできますが「他の人と同じ数だと無効で次点の人が勝つ」という縛りがドラマを生みます。
お邪魔である中立サイコロのシステムも良く出来ていますね。

何回も盛り上がる展開があり、この日一番の歓声が卓からあがっていました。
勝負は、何と男の子と妻が同点1位という接戦だったようです。


誰だったでしょう(Whoowasit?)
第23回練馬こどもボードゲーム会_18
我が家の持ち込み。ベガス待ちの間、長女、次女と遊びました。

盗まれた魔法の指輪を取り戻すため、動物の言葉が分かる主人公達がお城を冒険します。
協力ゲームで、6時のタイムリミットまでに犯人を見つけ出せれば勝ち、そうでなければ犯人を操っていた邪悪な魔法使いに敗北してしまいます。

基本は記憶ゲームですが、効率の良いルートまわりや魔法を使うタイミングなども重要で、忘れても1手番使ってヒントをもらうことができるので、ガチガチの記憶になっていないところが良いですね。
面白いゲームなのですが、ドイツ、フランス、英語版しかないのが残念。

本体の音声が弱くゲーム会では不向きなので、今回はiPad版の音声を使うことにしました。

長女はかなり慣れているはずですが、今回は環境が違うのか記憶できない部分も多く、運悪くトラップが発動したりしてギリギリの勝負になりました。
クリアしたのは6時直前で、ダイス目が悪かったら負けでしたね。

もっと脚色してロールプレイング色を出したかったのですが、帰る時間が迫っていたため直訳ばかりになってしまったのが反省点。
他に遊びたい子もいたようなので、また持ち込みたいです。


第23回練馬こどもボードゲーム会_19
時計を見るとすでに6時。
夏休みということもあり、いつもより1時間も長く滞在してしまいました。

子ども達が積極的にゲームに参加するようになったのは喜ばしいことですが、反面、相手をしなくてはならないので大人向けのゲームが出来ないというジレンマが(汗)
まぁ、やがては子ども達だけでゲームをしてくれる……ことを期待しましょうか。

上の写真は、次女画伯も参加した練馬会のホワイトボード。
主催のゆうりさん、お相手いただいた皆様、楽しい時間をありがとうございました!
また家族で参加したいと思いますので、その時はよろしくお願いします。
コメント
この記事へのコメント
お世話様でした。
先日は楽しい時間をありがとうございました。
息子にブログを見せたら、何だか褒められちゃったと照れてました(笑)。
機会がありましたらまた是非ご一緒させて下さい。
2013/09/22(日) 20:39:46 | URL | シン #-[ 編集]
>シンさん
こちらこそ、先日はお世話になりました!
私の長女はここ最近でやっと大人に混じってゲームできるようなった感じなので、小2であそこまでできるとは凄いなーと、本当に感心しました。

長女も楽しんでいましたし、次の機会がありましたら、ぜひ一緒に卓を囲みましょう。
2013/09/22(日) 23:59:16 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
ありがとうございました
はじめまして。
先日は息子が大変お世話になりました。
ぐんまさんのブログは、息子のゲーム購入の際に
いつも参考にさせていただいております。
ありがとうございます。
息子も大変楽しかったようで、
ぐんまさんのブログを読みながら、
色々私に説明をしてくれました。
機会がありましたら、親子三人でまたご一緒させて下さい。
2013/09/25(水) 09:13:27 | URL | 年中の男児の母 #-[ 編集]
>年中の男児の母さん
はじめまして!
こちらこそ息子さんとお父さんには大変お世話になりました。
今回は子どもが少なそうな感じでしたが、次女と遊んでくれる年の近い子がいて嬉しかったです。
今度、練馬でご一緒する機会もあると思いますので、その時はぜひよろしくお願いします。

ブログを読んでいただいているとは有難いですね。
最近は全然更新していないのですが、もう少し頑張ろうと思いました(笑)
2013/09/27(金) 00:08:25 | URL | ぐんま #790CxkE6[ 編集]
いつも丁寧なレポートありがとうございます
やっと自分トコロの活動報告が終わったので今頃ノコノコ出てきました。
https://sites.google.com/site/tambourinedc/2013/37

今回はハイレベルなおばけキャッチぷりでしたね……
また、ご都合の良いときに遊びにいらしてください。

ご来場ありがとうございました(*'ω'*)
2013/09/27(金) 08:01:45 | URL | ゆうり/tambourine_dc #rcEo15nI[ 編集]
>ゆうりさん
いつもありがとうございます。
もっと頻繁に参加したいのですが、なかなか都合が合わないのが残念ですねぇ。
9月は運動会、10月は実家に行く用事がありますし……。
11月にできれば行きたいところです。

おばけキャッチは修行を積んできますので、そのうち練馬杯大会やりましょう(笑)
2013/09/28(土) 00:04:12 | URL | ぐんま #790CxkE6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する