旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンジャタウンとサンシャイン水族館
2012年07月28日 (土) | 編集 |
ナンジャタウン&サンシャイン水族館

ナンジャタウン&サンシャイン水族館20

6月末の話ですが、ナンジャタウンの入場無料券が手に入ったので家族で遊びに行ってきました。
せっかくなので前から気になっていたリニューアルしたサンシャイン水族館にも訪れましたよ。

天気予報では微妙な感じでしたが、長女の晴れ女効果で、いつもながらとても暑い一日となりました。

詳細は[続きを見る]から。
 

まずはナンジャタウンの開店直後に間に合うように電車で池袋に移動。
中は暗い場所や怖いオブジェがあるので次女は怖がるかと思いましたが、予想外に長女もビビっていました(汗)

ナンジャタウン&サンシャイン水族館1

入場無料券にはアトラクション1回券も付いていたのですが、娘たちが強行に反対したため探索系のものは全てNGに。
他の人を見た限り、ハンディターミナルを持ってお化けを捕まえる「ガウストパニック」とか面白そうなんですけどねぇ。

まぁ、どんなイベントでも「もののけ番外地」みたいな、ちょっとおどろおどろしい場所を歩きそうな感じなので無理な話ですか。
うーん、でも、そうなると選択肢があまりない……。

うろうろしていると「しろくまカフェ」とのコラボであるスタンディングパネルを発見。
どういう作品だかこの時点ではまったく分からなかったのですが、その可愛さに妻と次女が食いついていましたよ。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館2

ちなみに、このスタンディングパネル。プレゼントのキャンペーンもしていたそうです。
確かに可愛いけど、こんなのが家にあったら相当に邪魔なような。

アトラクションについては、完全に行き詰まったので「東京デザート共和国」でケーキを食べながら一休みし、計画の練り直しをすることにしました。
色とりどりのケーキに目移りしながらも、長女と次女は家型ケーキである「ミニハウス」を色違いで選択。妻はやはりコラボ品である「笹子さんのパンダロールケーキ」を選択。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館3

ナンジャタウン&サンシャイン水族館4

「パンダロールケーキ」の裏は怒り顔になっています。
元ネタを知らないので、なんで怒ってるのかは知りませんが、娘たちにはウケていました。

私は「生チーズケーキ:一生懸命」を食べ、美味しかったのですが、見た目が地味なので写真はなし(笑)


娘たちは、テーブルの近くにあった相性占いができる鏡と、パイプオルガンを模したオブジェに食いついていました。
オルガンは2人が同時にキーワードを叫ぶと綺麗にライティングされる仕組みがあるのですが、成功する時と失敗する時があります。
そして、なぜか次女と私の時だけ成功するのですね。長女と私、妻と娘たちでもダメ。タイミングの問題でしょうか?

ナンジャタウン&サンシャイン水族館5


さてアトラクションですが、結局2枚は、娘たちが乗りたがった「ビアンカヴィータ」に決定。
つまりは室内メリーゴーランドなので、他のナンジャタウンならではのアトラクションの方が良いのでは?と提言したのですが、娘たちは頑強に主張していたので折れました(汗)。

まぁ、メリーゴーランドはメリーゴーランドで、コンパクトな割には動きも大きくて良いのですけどね。
そういえば、長女がまだ2才の頃、ここに来て乗ったなぁ、と思い出しました。


もう2枚は「ご当地すごろくじゃらんツアーズ」にしました。
最初はチケット4枚必要かと思って諦めていたのですが、親は付き添い扱いで無料で参加できると聞いて、勇んで列に並びました。

基本はテレビ画面を見ながら行う「すごろくゲーム」なのですが、クイズやミニゲームに成功すると「1~6」のルーレット、失敗すると「0~2」というように進める移動力が異なります。
成功しても出目が悪いとあまり進めないので、このあたりは盛り上がる要素ですね。

じゃらんと組んでいるだけあってテーマは温泉旅行(今回は北海道)で、進むたびに「羽田空港→上空→札幌」のように現地の写真も表示されるのでなかなか雰囲気があります。
またカエルやタコなどの動物マシンに乗るのですが、進むたびに揺れるので楽しいです。

私&次女、妻&長女のチーム分けで参加。
クイズやミニゲームは足のペダルで3択から選ぶのですが、次女がギリギリ届く感じでしたね。
妻は反射神経系のゲーム、私は帽子に隠されたボールの行方を追うゲームが苦手で苦戦しましたが、クイズはそつなく回答。
ただし、次女の出目が素晴らしく、正解すれば4以上、失敗しても2を出すというミラクルで、妻&長女チームを引き離します。
ゴールの阿寒湖温泉まであと少し……だったのですが、残念ながらあと1マスが足りませんでした。
それでも今回の参加者内では1位。見事、賞品のステッカーを獲得して喜んでいました。


お次はサンシャイン水族館に移動。
混雑を予想していましたが、すんなりとエレベータに乗れ、最上階まで行くことができました。

事前調査で、こども商品券が使えることが分かっていたので、これで支払い。
次女の誕生祝いに貰ったものですが、すっかり失念して期限が近づいていたので、良い使いどころがあって良かったです(笑)

まずはテレビでも紹介されて有名な「サンシャインアクアリング」から。
屋外の高い場所に透明なチューブが設置されていて、色々な角度から泳ぐアシカを見学することができます。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館6

ナンジャタウン&サンシャイン水族館7

ナンジャタウン&サンシャイン水族館8

真下から見ると、さながら優雅に空を舞っているようです。
気温が高いのはしんどいですが、陽光に輝く水模様が美しかったです。

お次はアシカのショー。
360度、取り囲むように座るのですが、タイミングよく最前列の芝生ゾーンに座ることができたのでラッキーでした。
娘たちも水しぶきが飛んでくるほど間近でアシカを見ることができて大興奮でした。

妻も相当数を撮影していたのですが、以下はその写真群の一部です。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館9

近くに寄ってくると迫力があります。今回は2匹のオタリア(アシカ科)がショーをしていました。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館10

ラクダの覆面をする一発芸(?)

ナンジャタウン&サンシャイン水族館11

高くバランスボールを跳ね上がてキャッチします。
ボールが大きいのでダイナミックです。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館12

鼻の上に、ボールを乗せた長い棒を乗せてバランス。
その後、棒を横に弾いて、ボールだけをキャッチしていました。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館13

ヒレによるバランス芸。
片手でも姿勢を保てるので凄いです。

ショーを堪能した後は、建物の中に。
リニューアル前とはかなりレイアウトが変わっていて、体感的に広く見える工夫がされていると思いました。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館14

娘たちになぜか大好評のチンアナゴ。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館15

目玉である大水槽、サンシャインラグーン。
ビルの屋上にあるとは思えない光景です。実際はそれほど容積が広くないですが、色々な工夫で奥行があるように見せていると前にテレビで紹介されていましたね。
トビエイなどが悠々と泳いていました。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館16

クラゲのトンネル「ふわりうむ」。
水流の調整にかなり苦心していたという話を聞きますが、それが実って幻想的な風景を作ることに成功しています。
妻はクラゲ好きなので、1時間いても飽きないでしょう(笑)

ナンジャタウン&サンシャイン水族館17

大きなマンボウ。
リニューアル前は隅っこの水槽にひっそりといたのですが、今回は目立つところに設置され、多くの人が集まっていました。

その後は2階へ。
こちらはそれほどレイアウトや展示内容は変わっていませんでしたね。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館18

トビハゼ。NHK教育の番組「2355」により、すっかり我が家での認知度が上がりました。
娘たちも「トビー、トビー」と呼びかけていました。


建物の出口では、ぬいぐるみやガチャガチャなどのお土産グッズが待ち構えています。
前は微妙にやる気がない販売店だったので、こんなところも巧妙になりましたねぇ(笑)

売り場の窓ガラスも広々としていてアシカのショーを見ることもできます。
全体的に明るく開放感があって良い作りですね。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館19

再び屋外。
「サンシャインアクアリング」の横にある「アシカたちの砂浜」。
岩山の上に寝そべっていたり、下にある大きな水槽でくるくると泳いでいました。

人懐っこい子は、水槽のガラスにぴったり寄って人間をじっと観察していたので、娘たちも長い間、同じようにガラスに張り付いていました。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館21

ペンギンはやはり人気。長女が泳いでる姿を写真に撮ろうとして奮闘していましたが、水槽が浅いうえに光が反射するのが難しかったですね。

ナンジャタウン&サンシャイン水族館22

出口近くに作られた滝。涼しげです。


全体的な感想としては、かなり見所が増えて満足度が上がりましたね。
それでいてコンパクトに回れるので、ちょっとしたお出かけにぴったりだと思いました。

帰る頃にはエレベーターに長い列が出来ていました。
午後の方が混んでいるのですかね?できるだけ早いうちに回った方が良いのかもしれませんね。

池袋駅までの道中、遅い昼食をファストフードで取り、帰途につきました。
子どもたちも「じゃらんツアーズ」と水族館が楽しかったようで、充実した1日でしたね。
コメント
この記事へのコメント
4月にサンシャイン水族館に行ったとき、アシカがかぶっていたのは大仏の覆面でした。
2012/07/30(月) 22:51:04 | URL | hirocean #-[ 編集]
>hiroceanさん
おお、パターン違いがあるのですね。
一発芸の割には達者なアシカです(かぶらされてるだけですがw)。

ネットに落ちてる写真を見ましたが、大仏の方がシュールですねぇ。
こっちだったら(意味が分かってない)次女は怖がったかも。
2012/07/31(火) 09:32:42 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。