旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ディズニーシー
2012年06月14日 (木) | 編集 |
ディズニーシー2012_1
去る5/20の話となりますが、家族とディズニーシーに行ってきました。

前回、埼玉県民の日(月曜日)に行ったときは、どのアトラクションも1時間待ちという超混み状態でしたが、今回は30分程度で済んだので、楽に回ることができましたよ。
特殊な月曜より日曜の方が確実に空いているという情報は本当なのですね。

詳細な内容は[続きを見る]から。

今回の交通手段もやはり電車。
西武池袋線から直通で新木場まで行けますし、帰りも新木場発に乗れば座れます。
平日は通勤ラッシュで混みますが、日曜は空席が目立つぐらいなのでその点でも気楽ですね。

地下鉄部分で退屈している娘2人を適当になだめながら京葉線→ディズニーリゾートラインと乗り継いでシーに到着。早朝から家族連れなどで賑わうホームを眺めるとディズニーに来たという感じがします。
入場口は相変わらずの混雑でしたが、前よりはチケット売り場の列は短かったですかね。

ディズニーシー2012_2
エントランス。表紙の写真はここのアップです。

10周年イベントは昨年度で終わりましたが、今のシーは「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」というイベントを開催していて、所々で草花をモチーフにした春らしいデコレーションや、ダッフィーも登場するショーを見ることができます。

ダッフィーのショーは「リドアイル・ウェルカム・トゥ・スプリング」「イースター・イン・ニューヨーク」「スプリングタイム・サプライズ」があり、どれも面白そうでしたが、今回は長女の要望によりアリエル関連がメインだったことや、早くもショー待ちの列が出来ていて競争率が高そうだったのでスルーすることに。
手品も披露されるスプリングタイム・サプライズは特に面白そうだったので、次回があったらぜひチェックしたいですね。

ディズニーシー2012_3
当日のプロメテウス火山。天気はこんな感じでやや曇りがち。


まずは前回と同じく食事処のケープクックコッドオフに行ったのですが、11時半までダッフィーのショーである「マイフレンドダッフィー」は開演されないとのこと(ショーのスケジュールを改めて見たところ、日曜は毎回そうなのですかね?)。
少し悩みましたが、朝にシリアルぐらいしか食べていないためにお腹が空いていましたし、ここで一端休んでから早めにマーメードラグーンに向かった方がよいと考え、ここで早い昼食をとることにしました。
子供たちも、演劇は前回見たので大丈夫と言ってくれましたしね。

ショーがある時は右側のステージに案内されましたが、今回は左側のテーブル席に。
こちらはテラスになっている開放的な席もあり、私たちは外行く人たちを眺めながら、優雅な気分でハンバーガーセットをいただきました。

ディズニーシー2012_4
ケープコッドヴィレッジの看板も花で飾られています。

ディズニーシー2012_5
こちらはシェリーメイの看板。

ディズニーシー2012_6
花で作られたダッフィーとシェリーメイ。
ここでも写真を撮る列があり、20分待ちぐらいになっていました。


その後は、マーメイドラグーンに直行。
途中のポートディスカバリーですごい行列に遭遇しましたが、よく見ると「ホライズンベイ・レストラン」のもの。
特別席(プライオリティ・シーティング)に座るとミッキーやミニーと食事ができるらしいですが、なかなかの価格(1人2,940円!)の上、これだけ並んでいるとかなり大変そうです。

さてラグーンエリアに到着して、最初に向かったのは「アリエルのグリーディンググロット」。
かなり並ぶかと思いましたが、意外と30分待ちぐらいで、後から来る人もさほど多くはなかったです。
順番がきて洞窟に案内されると、大きな貝殻にアリエルが座って待っていてくれました。
長女は人魚姿なのかドレス姿なのか気になっていたようですが、エメラルドグリーンの尾びれが鮮やかな人魚でしたね。

アリエルはフレンドリーに娘たちに話していましたが、英語混じりのせいか二人ともかなり緊張しているようでした。
写真は何とかとれましたが、表情が固い固い……。
それでもディズニースナップフォト(1500円)で貰える写真シートは良い思い出になったようです。

余談ですが、長女はどうやってアリエルが洞窟内まで歩いてこれたのか、しきりに気にしていました(笑)

ディズニーシー2012_7
グリーディングロットの待ち時間表示。ちょうど30分です。

ディズニーシー2012_8
アリエルがいる洞窟の前には滝があって壮観。
日陰で涼しいですし、待つのが苦にならないところですね。


お次はトリトンズキングダムへ。
アバブシー(屋外のこと)の「スカットルのスクーター」も30分待ちの好条件でしたが、ここは素通りしてアンダーザシー(屋内の地下)のに向かいます。
到着すると、お目当てである「マーメードラグーンシアター」が待ち10分だったので観覧することにしました。
並ぶ順番は遅かったですが『入口とは反対側にある席に座るべし』という事前に調べた情報が役立ち、舞台の正面を難なく確保できましたよ。
座席は後ろの方ですが、大きなホールではないのでこれでも十分な迫力ですし、すぐ横が通路なので入場してくるキャラクターも間近で見ることができました。

ストーリーは王子様に出会う前の話で10分程度の短いショーなのですが、とにかく空中ブランコで自在に滑降し、海中を表現しているアルエルに圧倒されます。
海洋生物のコミカルな操演や、魔女マーリンの巨大な手や足の動きもリアル。
ただ、次女はマーリンで少し怖がってしまい、長女はマーリンの手や足を何だか分からずに観ていたという表現理解力のなさでしたが……。
まぁ、総じて「とても面白かった!」と喜んでいたようので何よりです。
私もこの内容で物語をすべて通して上演してくれたらぜひ見に行きたい、と思いましたね。

その後は、前回乗れなかった「ブローフィッシュ・バルーンレース」に。
こちらも25分待ちという余裕の条件。いわゆるダンボ系の空中回転遊具ですが、乗ってみるとカゴが斜めに傾くほど回転速度が速く、大人でも楽しめました。これは結構オススメ。

ディズニーシー2012_9
フグのレースという設定。色遣いも鮮やかです。

その後は、大きなクジラ型店舗が目を引く「スリーピーホエール・ショップ」でお土産を選別しましたが、2人はなぜかアリエルの人魚ドレスを欲しがっていました。
一応尾びれから足を出して歩くこともできるのですが、こんなのどこで着るんだ?
しかも5,900円という高さ……。うーむ流石に却下。

またここではプラレールのディズニーリゾートラインエレクトリックレールウェイも売ってました。
これは大人が微妙に欲しかったのですが子どもに反対した手前、じっと我慢(笑)。
まぁ、リゾートラインはミッキー窓で可愛いですがモノレールなので他レールと組み合わせが難しいですし、エレクトリックレールウェイは駅までセットで買わないとインパクトが薄いですかね……。

結局、知人のお土産として手軽なアリエルのお菓子や飴などを購入しました。

ディズニーシー2012_14
スリーピーホエール・ショップ。口の中からお店に入ります。
次女の指摘で気付いたのですが、目が開いたり閉じたりします。
その当の次女は、なぜかこれを「カバさん」だと執拗に言い張っていましたが……。なぜだ?

その後、アバブシーに出て、「フランダーのフライングフィッシュコースター」(ミニジェットコースター)に乗ろうとしましたが40分ぐらいの待ち時間だったので保留。
アラビアンコーストのエリアに移動して、これも前回乗れなかった「ジャスミンのフライングカーペット」に乗ることにしました。こちらは25分待ち。

ありがちな回転系の遊具なのですが、前の席で高さ、後ろの席で前後の傾きを変えることができるというギミックがあります。景色も良いし、これもなかなか楽しい。
長女は高いのでややビビりぎみでしたが、次女はガンガン高度を上げを要求していました。

ディズニーシー2012_10
アラビアンコーストも春らしい風景に。

ディズニーシー2012_11
フライングカーペットの待機通路には、このような絵が書かれています。
待ち時間にゆっくりと観賞・撮影できるので嬉しいですね。

ディズニーシー2012_12
フライングカーペットを下から見たところ。
周りに障壁となる建物が少ないので景色が良いです。

その後は、長女が自分のお土産としてジャスミンのドレスが欲しいとのこと。
何か1つは買って良いという約束だったので、まぁアリエルと比べれば、家で普通に着られるのでマシかと思い「アグラバーマーケットプレイス」にて店員さんに訊いてみましたが、残念ながら今は品切れで取り扱いがありませんでした。
後で他の店も探したのですが、どうやらディズニーシーでは現在、プリンセス系のドレスはアリエル以外ない模様ですね。
仕方ないので、ここでは店頭でお兄さんが披露していた手品が見事だった「ジーニーの魔法のロープ」だけを買っていきました(ウチの家族は手品の小道具が好きなのです)。

休憩するために広場に行くと、近くの「キャラバンカルーセル」(メリーゴーランド)で、1階は待ち時間なしで乗れるということで勇んで行きました。2階も15分程度の待ちでしたが、まぁ景色以外はそれほど違いはないですからね。

ディズニーシー2012_13
広場にいるジーニーもデコレーションされています。

その後はマーメードラグーンに戻り、2時を過ぎてお腹が空いてきたので「セバスチャンのカリプソキッチン」でピザなどを食べました。
価格、味は可も不可もない感じですが、休憩と軽食が取れるのでウチらのような時間が限られている家族連れには便利です。

残りの時間で「フランダーのフライングフィッシュコースター」に乗ろうと思いましたが、列が1時間待ちになっていて、ちょっと疲れた今の状況では無理かな、と判断しました。
やはりミニコースターは人気なのですね。これは最初に行った段階で乗れば良かったと後悔。

帰りは「トランジットスチーマーライン」で移動することも検討しましたが、運休だったので(ウチらはディズニーでは船に縁がないですね……)、少し歩きますがポートディスカバリーまで戻って、次女が前回からしきりに乗りたがっていた「エレクトロニックレールウェイ」を利用することにしました。
途中、ジャングルでミッキー達と写真を撮影できる「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」の様子も見に行きましたが、こちらも一番人気のミッキーでも40分という待ち時間の短さでした。
元気な時だったらミニーちゃんの列に並んでいたかも。

駅に着くと25分待ち。3時近くでこれならなかなかです。
進行方向から見て左に座ると林ばかりなので景色はイマイチでしたが、最後の方ではショーをしているミッキーをちらっと見ることができましたよ。

ディズニーシー2012_15
電車内から撮影。遠くの高台に白い衣装のミッキーが見えます。

ディズニーシー2012_16
アメリカンウォーターフロントの駅に到着。

その後は、メディテレーニアンハーバーなどでダッフィーの服や、シェリーメイのネックレスなどの買い物。
このエリアでは、見学に行った「ヴェネツィアンゴンドラ」が凄い人気で1時間以上の行列になっていたのが印象的でしたね。

ディズニーシー2012_17
行きでは人が多くて撮影できなかったエントランスのトピアリーをパチり。


ディズニーシー2012_18
左側はミニーとシェリーメイが描かれています。

エントランスではミッキーがいましたが、流石の人気で、あっという間に30分ぐらいの行列ができて札止めになっていました。

今回のシー訪問はこれで終了。
帰りの電車ではさすがに娘たちもぐっすり寝込んでいましたね。


ディズニーシー19
買った品物のうち、ウチのものだけ公開。
買ったものはダッフィーの衣装と、シェリーメイの貝殻ネックレス、缶が綺麗なお菓子類です。
「ジーニーの魔法のロープ」はちょっと練習すると、結構ピンと伸ばしたりダラけさせたり自在にできるので、つい手にとってしまいます。長女がなかなか上手で器用に操作していましたよ。

ディズニーシーでは文中で触れたもの以外にも「シンドバットストーリーブック・ヴォヤッジ」「マジックランプシアター」など、まだまだ訪れ損ねたものがあるのですが、長女が「お姫様と写真を撮る」ことを希望しているので、来年はディズニーランドになるでしょうかね。
次女も2年前のことで記憶に残っていないですし、よいタイミングかも。

以上、私は人が多いところも並ぶのも苦手なので、億劫だったり疲れたりするのですが、やはり行ってみると魅力的ですし、満足度も高いですね。
いずれはリゾート内のホテルにも泊まってみたいけど、今のところは高嶺の花ですね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。