旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六日町スキーリゾート
2012年03月04日 (日) | 編集 |
六日町スキー場
先月の4日、弟家族と「六日町スキーリゾート」に行ってきました。

写真は第3ペアリフトを登ったところ。
そこそこの標高があり、周りが広々としているので遠くまで見渡せます。
撮影時は風雪がありましたが、全体を通して見ると日が出ている時間が長く、お昼時は暑いぐらいでした。
 
詳細な内容は[続きを見る]から。
 

この日がスキーということは決めていたのですが、その週は強い寒波が日本海側に来襲。
開催が危ぶまれていましたが、土曜日には運良く寒気が緩んで絶好の日和となりました。

六日町スキーリゾートは初めて訪れるスキー場ですが、コースがコンパクトな割に初心者が滑れるエリアが広いところと、セット料金であるファミリーパックがお得なところ(スクールやリフト1日券も割引、食事券も付いている)が決め手となりました。
コースが狭いのは高所へのリフトの一部使用不可になっているためですが、初心者が多いウチではあまり関係ないですからね。

今回は、長女と次女が午前中スクールに参加しました。
長女はポールくぐりなどをこなしていましたが、次女はスクール自体が低年齢層向きのために本格的な実習はなく、まだまだ一人で滑れるようにはなりませんでした。

やはり園児ではワンツーマンの練習でないと、上達は難しいですね。
ここはスノーエレベータがあるので、しばらくは私が教えた方が良かったかもしれません。

ただ、その間少し私の手が空いたので、一番上の中級コースまで行って一滑りできたのが良かったです。
インストラクターの方も言ってましたが、この日は豪雪のために最高の雪質で、久しぶりに自分の滑りを確認するのには良い感じでしたね。
子どもに手がかからなくなったら、私ももう少し練習したいです。

弟と姪は第一リフトからひたすら下っていましたが、姪はいきなり一人で滑れるようになっていてビックリ。
年中になって体力アップや技術理解が進んだということもあるのでしょうけど、前回はまったく出来ていなかったので目覚ましい進歩です。
次女も来年あたりにはできるようになるかもしれませんね~。

妻もスクールに入って地道にやっていましたが、雪質のせいか前よりも感触が良かったようでスピードの調整もややできるようになっていました。
コースの難易度も丁度良かったようです。


こんな感じで過ごしていた午前も終わり、昼食はホテルのレストランに集合。
ファミリーパックは食券付きなのですが、どの料理でも注文できるので、高いものを選んだ方が得です(笑)
私は和牛の焼肉定食を食べましたが、美味しかったです(特にご飯が)。
お子様ランチもなかなかボリュームがありました。

午後は暑くなったり雪が降ったりと不順な天候に。
ゲレンデのコンデションもやや凍結ぎみになってきましたが、次女もリフトに乗りたがっていたので、私と一緒に2回ほど滑りました。

妻と長女、弟と姪グループは、一番上のコースに試しに行ったようですが、迂回の初心者コースがまったく初心者用ではなく、妻はスキーを外して途中まで降り、弟も姪連れでは苦労していたようです。
そんななか、長女はボーゲンでしっかり滑ってきたようで、急坂にも腰が引けなかった度胸は凄いですね。
いつもはビビリな性格なのに不思議です……。

その後も、長女と姪で仲良く一緒にストックなしで第1リフトから降りる練習をするなど、休む間もなく滑っていましたが、3時近くなってくると更に天候が悪化。
流石に滑るのはやめて、雪が積み上がっているところでの雪遊び(穴掘り、雪山登り)や、ソリなどで残りの時間を過ごしました。
ここはスノーエスカレータがあって、ソリの種類も充実しているので子ども達も夢中で遊んでいましたね。


そんなこんなで今回のスキーは終了。
第1リフトからのコースが起伏に富んでおり、なかなか楽しいゲレンデでした。
何より上級コースがなく、更にあまり知られていない場所のせいか、家族連れこそ多いもののリフトの待ち時間はほとんどなかったです。

第1から、第2、3リフトに行くために自で昇らなくてはならないのはマイナスですが、スノーエスカレータもあるし、もう1度ぜひ来たいと思いました。
今年はもう無理かも知れませんが、妻や次女のやる気もありますし、早くも次回のスキーが楽しみになっています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。